【レコード大賞2021】Da-iCEはおかしい?なぜ知らない人と炎上

テレビ番組
スポンサーリンク

【レコード大賞2021】Da-iCEはおかしい?なぜ知らない人が受賞と炎上したのか、その理由についてお伝えします。

 

2021年12月30日に放送された『日本レコード大賞』!

大賞に輝いたのはDa-iCEの『CITRUS』でした。

 

しかし、Da-iCEを祝福する多くの声がある一方で、

「ダイスって誰?」「知らない人だった」

「初めて聞いた曲なのにおかしいと思う」

との声もありました。

 

この記事では、疑問の声に答えるため、

Da-iCEの『CITRUS』がなぜレコード大賞に選ばれたのか、

その理由についてお伝えしていきます。

【日本レコード大賞2021】大賞受賞者はDa-iCEで曲目はCITRUS

2021年日本レコード大賞、栄えある大賞に選ばれたのは、Da-iCEの『CITRUS』でした!

『CITRUS』は2020年に放送された玉木宏さん主演のドラマ『極主夫道』の主題歌となっていました。

 

Da-iCEはデビュー10周年を迎えた5人組の男性ユニットで、

歌とダンスを掛け合わせたパフォーマンスが持ち味です!

 

しかし、Da-iCEはこれまであまりテレビに出演してこなかったので、

外見を知らないという方も多いかもしれませんね。

【レコード大賞2021】Da-iCEのCITRUSを知らない人が多いのに選ばれた理由は?

Da-iCEの『CITRUS』がレコード大賞を受賞したことについて、

  • 知らないグループだった」
  • 認知度が低い歌手と歌が選ばれた理由が気になる」
  • 「いい曲だったけど今日初めて聞いた

などというSNSへの投稿が相次ぎました。

 

日本レコード大賞の選出方法は公式ページに以下のように記載されています。

【日本レコード大賞審査基準】

作曲、作詩、編曲を通じて芸術性、独創性、企画性が顕著な作品とする。
優れた歌唱によって活かされた作品で大衆の強い支持を得た上、その年度を強く反映、代表したと認められた作品に贈る。
審査対象は「優秀作品賞」に選ばれた作品とする。

引用元:http://www.jacompa.or.jp

しかし、これらの内容が具体的に視聴者に明かされることはありません。

 

一体どの内容がDa-iCEの『CITRUS』に該当したのでしょうか。

詳しく調査してみました!

 

Da-iCEの『CITRUS』がレコード大賞に選ばれた理由はストリーミング再生回数?

結論から言ってしまうと、Da-iCEの『CITRUS』がレコード大賞を受賞した理由が

ストリーミング再生回数だと結論づけるのは間違っています

 

Da-iCEの『CITRUS』は2021年9月にストリーミング再生累計1億回を突破しています。

この数字がレコード大賞の受賞に大きく貢献したことは間違いないです。

実際に、これが受賞の理由だと言い切っている報道もありますね。

 

ストリーミング再生とは、インターネットに接続した状態で音楽を再生する方式で、

つまりはYouTubeやAmazonミュージック等で楽曲をダウンロードせずに視聴することを指しています。

 

この数字を評価するのは、時代に合ったやり方と言えるのですが、

1億回という回数が多いのかどうか疑問に思ったので調べてみました。

その結果、2021年のストリーミング再生回数では以下のような集計が出ていました。

  • YOASOBI『夜に駆ける』(2019):7億回
  • Official髭段dism『Pretender』(2019):6億回
  • 優里『ドライフラワー』(2020):5億回
  • Ado『うっせぇわ』(2020):2.6億回

などなど、1億回以上の再生回数を記録している楽曲は50曲以上あり、意外に多いです。

 

しかし、レコード大賞となれば、2021年のその年に評価された作品に贈られるもの。

これを考慮して最近リリースされた曲を見てみると、下記のようなものがありました。

  • YOASOBI『怪物』(2021):3.3億回
  • Official髭男dism『Cry Baby』(2021):2.19億回
  • 藤井風『きらり』(2021):1.91億回
  • Ado『踊』(2021):1.82億回

この結果を見ると、Da-iCEの『CITRUS』がストリーミング再生回数1億回を突破したことはすごいことなのですが、

突出している数字とは言えないですね。

 

Da-iCEの『CITRUS』がレコード大賞に選ばれた理由はドラマ主題歌に採用されたから?

先にお伝えしたように、Da-iCEの『CITRUS』は

2020年に放送された玉木宏さん主演のドラマ『極主夫道』の主題歌となっていました。

 

ドラマの主題歌は、ドラマ放送中に何度も視聴者に聴かれることもあり、

人気楽曲になることは多いですよね!

このことも、大衆の強い支持を得るという点では貢献していると思われます。

 

が、1年にドラマ主題歌として採用される曲はいくつもあるので、

これが決定打になった、とは言えないですね。

 

Da-iCEの『CITRUS』がレコード大賞に選ばれた理由は忖度ややらせ?

大賞に選ばれたのは忖度ややらせではないか、という疑いはコンテスト形式のイベントにつきものですよね^^;

 

もちろん日本レコード大賞に選ばれたアーティストとその楽曲は世間からの注目を浴びます。

しかし、賞金待遇があるわけではありませんし、

視聴者の意見にそぐわない選出をしていれば、番組の権威や視聴率が低下します。

 

また、主題歌となったドラマ『極主夫道』は日本テレビ系列、レコ大はTBS系列の放送です。

 

このことから、日本レコード大賞がやらせや忖度をしている可能性は低いという見方が多いようです。

 

Da-iCEの『CITRUS』がレコード大賞に選ばれた理由は歌やダンス?

Da-iCEの『ⅭITRUS』がレコード大賞に選ばれた理由は、

結局のところ、ダンスパフォーマンスが評価されたのではないかと予想します。

 

改めてDa-iCEのパフォーマンスを見てみると、やっぱりカッコイイです^^

高音の美しい声は表現力も伴っていますし、

歌詞や曲調に合ったキレのあるダンスを取り入れているのも魅力です!

メンバー5人それぞれの個性を活かして構成されているパフォーマンスは、

見ごたえ抜群なんです!!

あと、メンバー全員イケメン!!(笑)

 

個人的には、この音楽性芸術性が大きく評価されたと思っています^^

確かにまだ知名度はそこまで高くないのですが、

これを機に、みなさんもぜひDa-iCEを応援してくださいね!!

 

【レコ大2021】ダイスが最優秀作品賞はおかしいのかまとめ

【レコード大賞2021】Da-iCEはなぜ?知らない人が多数でも受賞の理由についてお伝えしました。

結論をまとめておくと、

  • ストリーミング再生1億回は突出した数字ではない
  • レコード大賞の審査はやらせや忖度の可能性は低い
  • Da-iCEの歌やダンスパフォーマンスが評価された可能性が高い

ということでした。

 

今まであまりテレビに出演していなかったDa-iCEですが、

これからはもっと複数のメディアで活躍しそうですね^^

新たなパフォーマンスと活躍を楽しみにしたいと思います!

 

最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました