【プロミスシンデレラ】菊乃の正体と目的が怖い!あきらの秘密過去ネタバレが衝撃ドラマ

ドラマ

【プロミスシンデレラ】菊乃(松井玲奈)の正体と目的が怖い!あきらの秘密過去ネタバレについてお伝えします。

ドラマ「プロミスシンデレラ」は漫画が原作となっていて、主人公である桂木早梅を二階堂ふみさんが演じています。

その他、旅館かたおか副社長の成吾を岩田剛典(岩ちゃん)さん、その弟壱成を眞栄田郷敦さんが演じ、イケメン兄弟にも注目が集まっていますね。

今回取り上げる菊乃は漫画にも登場している人物で、ドラマでは松井玲奈さんが演じています。

実写版の菊乃は、笑顔の奥に執念と闇を覗かせる素晴らしい演技で、「怖い」「リアルに鳥肌立った」などと高い評価を得ています。

 

そんな菊乃については、4話で成吾が「あきら」と呼んでいた人物は菊乃と同一人物で男なのでは?といった推測も話題になっていました。

しかし、ドラマでの過去回想シーンはかなり短くまとめられていて、分かりづらい部分があったかと思います。

この記事ではネタバレを含めて、菊乃の正体は何なのか、

過去にどんな出来事があって現在の目的は何なのかを紹介していきます。

【プロミスシンデレラ】松井玲奈の正体は男なの?菊乃の過去ネタバレ

プロミスシンデレラで松井玲奈さんが演じている菊乃、設定としては成吾が副社長を務める旅館かたおかの芸者です。

私生活では成吾と恋人関係のようですが、 どこか裏というか闇が感じられ、普通のカップルには見えません。

菊乃は早梅の元夫正弘とも不倫をしていて、これは早梅が離婚をした原因となっています。

また、早梅と成吾の10年前の関係についても知っている様子・・・

一体菊乃とはどんな人物なのでしょうか。

 

※この記事では原作漫画に基づいてあらすじのネタバレを書いていますので、ドラマの内容と異なる場合があります。

菊乃と成吾の関係ネタバレ!菊乃の正体とあきらの過去の秘密

10年前、成吾と菊乃は高校のクラスメートでした。

菊乃というのは芸者としての源氏名で、本名は加賀美明(かがみあきら)と言います。

紛らわしい名前な上に過去に秘密がありそうということで本当は男ではないかと予想した人も多かったようですが、菊乃は10年前もその前もです。

ただし、過去に人生をかけた秘密があることは事実です。

 

10年前、高校生だった明は顔がブサイクで、同級生にいじめられていました。

同時に、母親にも疎まれていて、暗い人生を送っていました。

母親が明を疎んでいた理由は、明の顔が整形前のブサイクな自分の顔にそっくりだったから。

 

そんな明は、勉強だけが自分の取り柄だと思ってなんとか頑張っていました。

しかし、ある時テストで学年1位を取り損ねます。

その時1位を取ったのが友達が多くて勉強もできる成吾で、明にとって成吾は気になる存在に。

 

ある日、明は成吾と共に日直になり、成吾から字が綺麗で日直の仕事が丁寧だと褒められます。

一緒に日直ができてよかったとまで言ってくれた成吾に対して、明はこの時から特別な思いを抱くようになりました。

この時の明にとって、成吾は自分を認めてくれる貴重な存在でした。

 

またある日、明は成吾が放課後に河川敷で他校の女の子とよく会っているという話を聞き、気になって見に行くことに。

実際に行ってみると、そのこには女の子と楽しそうに話す成吾の姿がありました。

恋人同士のように見えたその相手の女の子が早梅でした。

明はこの時、嫉妬することなく二人に幸せになって欲しいと純粋に思っていました。

 

しかし、後日早梅が成吾に別れを告げる場面を目撃してしまった明。

納得がいかず、早梅の後を追いかけました。

そして、そこで交通事故に遭ってしまうのです。

トラックに跳ねられた明は背中に大きな傷を負いました。

 

自分のせいだと負い目を感じた成吾は毎日明のお見舞いに行き、明は増々成吾に惹かれていきました。

そして、成吾の隣を堂々と歩きたいという思いから美容整形を決意します。

高校を中退した明は、水商売でお金を稼ぎ、整形を繰り返します。

 

時が経ち、成吾の前に現れたのは美しい芸者「菊乃」でした。

明が交通事故にあったのは自分のせいだと思い続けていた成吾は、再び自分の前に現れた明を突き放すことができませんでした。

明は芸者として旅館かたおかに出入りするようになり、二人は恋人関係になります。

明は過去に自分という存在を認めてくれた成吾に異常な執着心を持ち、自分が成吾と幸せになると信じて疑いません。

成吾は明に強く出ることができず、そのまま関係を続けていきます。

 

そんな時、成吾は10年前に恋した女性、早梅と再会するのです。

 

菊乃(加賀美明)と正弘の関係ネタバレ!不倫した目的が怖い

続いては菊乃(本名:加賀美明)と早梅の元夫である正弘の関係についてお伝えしていきます。

明と正弘は元々幼馴染みで、明にとって正弘は成吾以外に自分に優しくしてくれるもう一人の存在でした。

明が整形をした頃、正弘はすでに早梅と交際中でした。

そして正弘が結婚した後、明は正弘と不倫をします。

正弘にとって明は放っておけない存在で、二人はお互いに初恋の相手でした。

 

そして、この不倫の末に明に気持ちが傾いた正弘は早梅に離婚を切り出すことになりました。

しかし、離婚が決まった後の正弘は明に結婚する気はないと言われ、正弘は明に振り回されている様子。

 

ここで気になるのが、明が正弘と不倫した理由です。

明はこの不倫に恋愛感情ではなく、ある目的を持っていました。

その目的は、早梅を苦しめることなのです。

過去に成吾を振った、成吾と仲を深めようとしている、といったことと直接関係があるというよりも、

明は自分の大切な存在を奪っていく早梅の存在が許せなったのです。

 

そして、結果的に明は正弘を利用するような形で早梅を離婚に追い込みました。

明としては、早梅に自分と同じ思いをさせることが目的でした。

 

早梅に恨みを持った理由は分かりましたが、その執念とやり方が怖いですね。

精神的に危うい感じがして、できれば近づきたくない女性ですw

 

明(あきら)の結末ネタバレ!最後はどうなる?

明は初めは早梅を目障りに思い、存在を消そうとしていましたが、成吾の早梅への想いに気が付くと、二人を近づけようと画策します。

早梅と壱成が出かけたお祭りでは、明が早梅を崖から突き落とすという衝撃の事件も!

その後壱成に自首を進められると、明はスタンガンを使って壱成を軟禁

駆け付けた成吾と早梅に諭され、明は成吾との関係を解消し、旅館かたおかを去ります。

 

そして数か月後、田舎町の一軒家で暮らす明と正弘のシーンが描かれて幕を閉じます。

 

長年にわたって歪んだ愛情や妬みを持ってきた菊乃ですが、

最後は成吾や早梅の言葉に耳を傾けて自分の幸せを探すことに舵を切っています。

かなりヒステリックな役どころだけに、最後がハッピーエンドなのはほっと一安心です。

 

 

1話から登場していた菊乃ですが、過去の出来事や早梅に対する行動の目的を理解すると、

これまでのストーリーがまた違った見え方になってきますね。

プロミスシンデレラは、壱成と早梅の関係の変化も見ていて面白いですが、

菊乃も立派な影の主人公でした。

 

\プロミスシンデレラ1~10話配信中/

Paravi

【プロミス・シンデレラ】きくのは何者で結末はどうなるかネタバレまとめ

【プロミスシンデレラ】菊乃(松井玲奈)は実は男?正体と秘密の過去ネタバレについてお伝えしました。

結論としては、菊乃の正体は男ではなく、過去に顔が不細工で整形していたというのが彼女の秘密でした。

その他、成吾との闇がありそうな関係や、早梅の元旦那である正弘との関係についても合わせてお伝えしました。

個人的には松井玲奈さんの演技が怖すぎて、かなり見入ってしまいました。

最終回で菊乃の正体が判明しましたが、これを踏まえてまたドラマを1話から見返しても面白そうですね。

\プロミスシンデレラ1~10話配信中/

Paravi

コメント

  1. […] 菊乃の過去や現在の想いが判明して事件が解決した後、 […]

タイトルとURLをコピーしました