世界遺産検定は何級から受けるべき?履歴書で役に立つのは3級から?

世界遺産検定は何級から受けるべき? 資格・検定
スポンサーリンク

各国の世界遺産を学ぶことで、幅広い知識と教養を身につけられる世界遺産検定。

芸能人や著名人に資格保持者が多いことでも知られています。

 

そんな世界遺産検定ですが、進学や就職に役に立つこともあって小中学生から社会人まで幅広く人気のある資格です。

 

しかし、受験しようか迷っている場合は、

「何級から受けるべき?」

「履歴書に書いて本当に役に立つの?」

と言った疑問を解決しておきたいですよね^^

 

この記事では、世界遺産検定は何級から受けるべきなのか、履歴書に記入すると有利な理由についてお伝えしていきます。

\勉強する時間がないあなたへ/
/効率よく最短合格を目指せ!\

世界遺産検定は履歴書で役に立つ?

世界遺産検定は履歴書で役に立つ?

世界遺産検定を取得していることを履歴書に記入すれば就職活動で役に立つ可能性があります^^

一般的には「旅行が楽しくなる」「教養を深められる」といった印象が強い検定ですが、履歴書に記入すれば以下のようなことで役に立ちます。

・採用担当者の興味・関心を引くことができる

・知的で教養のある人物だという印象を与えられる

・資格取得までの過程を評価される

・取得した資格をどのようにして仕事で活かしたいか話せる

・自分興味や向上心の高さをアピールできる

もちろん旅行関係の会社に就職希望となれば世界遺産検定の資格は就職後も役に立ちます。

 

しかし旅行業界でなくても資格を取得していることは面接官の気を引きやすく、評価されやすいと言えるでしょう。

向上心の高さをアピールできる他、面接官が行ったことのある場所へ話題を広げられたらさらに良いですよね^^

 

世界遺産検定を履歴書に書けるのは何級から?

世界遺産検定は何級から履歴書に書ける?

世界遺産検定を履歴書に記入する際は3級以上からがおすすめになります。

世界遺産検定は、4級・3級・2級・1級・マイスターの5つの級に分かれています。

 

そして、世界遺産検定3級は日本の全遺産と世界の代表的な遺産100件が出題されます。

比べて4級の出題対象は、日本の全遺産と世界の有名な遺産32件となっており、受験者は高校生以下が多い傾向にあります。

 

また、4級に比べると覚えることも多くなり、難易度が格段に上がることが分かります。

そういったことから、履歴書には世界遺産検定3級以上であることを書いて面接官にしっりとアピールすることをおすすめします^^

 

世界遺産検定は何級から受けるべき?

世界遺産検定を何級から受けるべき?

世界遺産検定を何級から受けるべきかという問題ですが、結論からお伝えすると…

  • 高校生以上であれば3級から受けるのがおすすめ
  • 小学生や中学生で初めて検定を受験する場合は4級から受けるのがおすすめ

となります^^

 

この後、その理由を詳しく解説していきます!

 

合格率と難易度

世界遺産検定の合格率と難易度

世界遺産検定のそれぞれの級の合格率と難易度は以下の通りです。

合格率 難易度
4級 約80% ★☆☆☆☆
3級 約70% ★☆☆☆☆
2級 約45% ★★☆☆☆
1級 約20% ★★★★☆
マイスター 約40% ★★★★☆

 

4級と3級は比較的難易度も低く合格率も高水準で取り組みやすい感じがしますね!

それに対して2級以上はグッと合格が難しくなってくるのが分かります(;’∀’)

 

また、2級受験者はすでに3級に合格している人が多いことを考えると、いきなり2級を受験した場合はさらに合格率が下がるでしょう。

 

勉強時間の目安

世界遺産検定の勉強時間の目安

世界遺産検定に合格した人が、どのくらいの勉強時間を確保していたかを調査した結果は以下の通りです。

平均学習時間
4級 25〜20時間程度
3級 20〜30時間程度
2級 30〜60時間程度
1級 60〜90時間

 

もちろん個人差はありますが目安としてこのくらいの学習時間が必要になります。

例えば履歴書でもアピールできる3級は、大体30時間程度の学習時間が必要となりますが、1日1時間勉強すれば1ヶ月で合格が可能になってきます^^

 

世界遺産検定の3級や4級は資格の中では比較的取り組みやすいと言えるでしょう。

テキストを読む時間がなかなか取れない、映像の方が頭に入りやすいと言う方は、動画学習もおすすめですよ♪

\勉強する時間がないあなたへ/
/効率よく最短合格を目指せ!\

 

世界遺産検定3級からの受験がおすすめな人

世界遺産検定3級からの受験がおすすめな人

世界遺産検定3級からの受験がおすすめな人は以下のような方になります。

  • 高校生以上で初めて世界遺産検定を受験する人
  • 就職・転職に役立てたい人
  • 短大・大学へ進学に役立てたい人

 

前述でもお伝えしましたが、世界遺産検定3級は、勉強時間も30時間程度と資格勉強の中では比較的短く、難易度としても取り組みやすくなっています^^

世界遺産検定の受験が初めてであっても、高校生以上の年齢であれば3級から受験して良いでしょう。

 

世界遺産検定は、3級に合格していなくても2級を受験すること自体は可能です!

ただし出題範囲はかなり広くなりますので、自信がある方のみ受験してくださいね!

 

高校生以上は3級からがおすすめとお伝えしましたが、高校1年生・2年生の場合は4級からの受験者も多いです。

テキストの内容をチェックして自分が挑戦したい方を選ぶと良いでしょう^^

世界遺産検定4級からの受験がおすすめな人

世界遺産検定4級の受験がおすすめな人

世界遺産検定4級から受験がおすすめな人は以下の通りです。

  • 小学生、中学生
  • まずは日本の遺産についてしっかり学びたい人
  • 基礎からステップを踏みたい人

 

世界遺産検定4級の受験資格は特にありませんので、何歳でもOKです!

日本の全遺産と世界の遺産32件が出題範囲ですが、日本の遺産がメインで出題されます。

 

それに比べて3級は日本の全遺産と世界の遺産100件となり、4級の3倍以上の学習量が必要です。

 

そういったことから受験者は高校生以下が多くみられます。

まずは、主要となる日本の遺産から世界の遺産へと徐々にステップを踏んでしっかり学んでいきたい方は4級からの受験をおすすめします^^

 

世界遺産検定は何級から受けるべきかまとめ

この記事では、世界遺産検定は履歴書で役に立つ?何級からの受験がおすすめなのかご紹介させていただきました^^

少しでも参考になればと思います♪

最後にこの記事の内容をまとめます。

 

  • 世界遺産検定は履歴書で役に立つ
  • 世界遺産検定を履歴書に記入できるのは3級から
  • 高校生以上の方は3級からの受験がおすすめ
  • 初めて受験の受験や高校生以下であれば、4級からの受験がおすすめ

 

世界遺産検定を取得すれば、旅行が楽しくなり趣味が充実します^^

それだけではなく、3級以上を取得すれば履歴書にも記入ができて自己アピールもできるようになり、自信も持てますよね♪

世界遺産検定の資格取得を考えている方は、この機会に挑戦してみてはいかがでしょうか?

\勉強する時間がないあなたへ/
/効率よく最短合格を目指せ!\

コメント

タイトルとURLをコピーしました