【妻、小学生になる】6話ネタバレ!ドラマと原作あらすじ内容を紹介

妻、小学生になる。6話のネタバレ! ドラマ
スポンサーリンク

『妻、小学生になる』6話ネタバレ!ドラマ原作あらすじ内容を紹介します。

事故で亡くなった妻が生まれ変わり、小学生となった今、

記憶を取り戻したという内容のドラマです。

 

前回のドラマでは、偶然、万理華(毎田暖乃)の母の千嘉(吉田 羊)が、

万理華と圭介(堤 真一)麻衣(蒔田彩珠)の3人が、

一緒に歩いているところを目撃し、

どういう関係なのかを問いただすところで終わりました。

 

6話目では本当のことを打ち明けてしまうのか・・・

それとも隠し続けるのでしょうか??

今後の展開が気になりますよね!!

 

今回は『妻、小学生になる』6話ネタバレ!ドラマあらすじ内容と、

原作ではどうなっていたのか、

6話のドラマの感想も含めてお伝えします。

ぜひ最後までお読みください。

妻、小学生になる。原作ネタバレ

\全話独占配信中/

『妻、小学生になる。』を今すぐ見る

▲▲毎月新作200作品以上が見放題▲▲

【妻、小学生になる。】ドラマ6話のあらすじネタバレ

『妻、小学生になる』第6話は、

白石家からスタート!

万理華は5話での告白から、

千嘉に対して貴恵として振舞うようになりました。

これにより、千嘉との距離感に変化が起きます。

 

そこへ朝から圭介が突撃!

千嘉のことをお母さん呼ばわりします(笑)

もちろん圭介は万理華に怒られていました^^;

 

学校へ行った万理華はタケルと話し、

自分のキャラが前と全然違うことを知ります。

貴恵になってしまった万理華は、

万理華自身のことを真剣に考え始めた様子・・・

麻衣の恋愛や守屋好美の圭介への好意も気がかりです。

 

一方、出雲は病院で眠っていました。

両親と共に友利も付き添っています。

しかし、出雲は目を覚ますと友利のことを知らないと言います。

記憶が原因ですが、友利は白い目で見られます(笑)

 

場面は圭介の会社へ移ります。

ある事件が起こり、圭介や守屋が進める企画が中止に追い込まれてしまいます。

この事件の原因は好美のミスでした。

 

守屋に貴恵の料理を褒められて気を良くしていた圭介は、

守屋を心配し、寺カフェへ食事に誘います。

しかし、ここで寺カフェのマスターが意味深発言!!!

まるで霊視をしているような発言を受けて守屋は店を飛び出します。

守屋は大切な身内を亡くしていたのでした。

 

後日、圭介は万理華に相談を持ち掛けます。

麻衣の気になる恋愛に千嘉との関係性、

守屋も励ましたいという問題山積みの圭介!

そこで万理華が提案したのはバーベキューでした。

 

このバーベキューは主要登場人物全員が参加する、

ドラマの中でも珍しいシーンです!

友利はあることがきっかけで、

真理華の生まれ変わりを信じ始めます。

 

麻衣は万理華に言われた通り蓮司を誘って連れてきます。

そんな麻衣を見守る夫婦のシーンは、

またまた石田ゆり子さんが演じていました!

このドラマの石田ゆり子さん登場シーン、

夫婦の姿と夫と娘を想う発言に

毎回胸が熱くなりますよね。

 

バーベキューには万理華と共に千嘉もやってきました。

圭介と万理華と共にココアにマシュマロを入れて温まる千嘉。

少し心を許したのか、

自分の過去と母親について話しました。

 

そして、遅くなりましたが守屋もべーべキューに現れます。

それは圭介がしたあることのおかげでした。

圭介は守屋のピンチを救ったのです。

 

帰ろうとする千嘉に万理華が声をかけてつきそい、

場面は二人だけになります。

貴恵として謝罪する万理華、

しかし、千嘉は自分のある言動が今の現実を引き起こしたと語るのでした。

娘への態度を後悔している様子の千嘉、

6話は他のシーンでも態度が少し変わっています。

 

一方べーべキュー会場では片づけを終え、

寺カフェで2次会が行われていました。

マスターと守屋は仲直りをし、

詩織は好美へ新島についての新たな見解を話します。

 

そしてそれぞれの帰り道、

麻衣は蓮司に大切な人はいるのか聞きます。

海の向こうにいると答えた蓮司の言葉を、

麻衣は複雑な表情で受け止めている様子でした。

 

一方、好美と圭介は二人きり。

そしてここで突如、守屋が圭介に告白します!

圭介は真に受けませんでしたが、

守屋はなんと、圭介にキスして走りさりました!!!!

 

えーーーーーーーーー!

と思った瞬間、それを横で見ていたのは、

もちろんあの人!(笑)

その表情から続きがとても気になります。

 

ラストシーンは寺カフェのマスター!

本当に霊が見えているのか、その真相が分かりました。

このマスターはドラマオリジナルのキャラクターなので、

今後オリジナルストーリーに一役買いそうです。

 

\全話独占配信中/

『妻、小学生になる。』を今すぐ見る

▲▲毎月新作200作品以上が見放題▲▲

【妻小学生になる】ドラマ6話の原作漫画ネタバレ

『妻、小学生になる。』ドラマ6話あらすじ部分が、

原作漫画ではどうなっていたのか。

その違いをネタバレありでお伝えしていきます。

 

この原作との違いについては毎回お伝えしてきたのですが、

正直、ドラマの展開が漫画と違いすぎて段々書きづらくなってきました(笑)

麻衣の恋愛や万理華と千嘉の関係や告白についてもタイミングがかなりずれています。

頑張って違いをあらわしていきますね!

 

 

まず、原作ではバーベキューはもっと早い段階で開催されます。

そしてここで万理華は守屋好美と出会い、

その好意を察することになります。

漫画だと守屋が圭介に告白するのはもっと後なので、

ドラマの告白はなんだか軽く感じてしまいました^^;

 

原作でこのバーベキューのシーンと重なるのは、

麻衣と蓮司、万理華、圭介の4人で釣りに行くエピソードです。

麻衣はここで蓮司の過去の秘密を知ることになります。

ドラマ6話では、この匂わせシーンがありましたね。

 

そして、前にもお伝えしている通り、

麻衣と守屋の関係は、原作ではもっと複雑です。

このあたりはドラマとかなりストーリーが違う部分なので、

原作を知っている人にとってはドラマは物足りないでしょう^^;

 

また、麻衣の恋愛については漫画の方が進展が早いです。

蓮司と圭介が初めて会うのは、

交際がスタートしてからで、場所は新島家です。

母娘の恋愛トークももっと盛り上がっているので、

やはりドラマでカットされている部分は多いですね。

 

最後に繰り返しになりますが、

寺カフェの存在や貴恵の弟である友利の登場はドラマオリジナルです!

ドラマの方は少し生まれ変わりが軽めに扱われていますが、

漫画ではもっと丁寧に描かれています。

 

もはや違う作品のようにそれぞれに魅力があるので、

ドラマを視聴している方はぜひ漫画も読んでみてください^^

【妻小学生になる】原作漫画を無料で読む方法はある?


ドラマ『妻、小学生になる。』の原作である、

村田椰融さんの同タイトル漫画は、下記のサイトで無料で読むことができます。

サイト名 無料で読める範囲 無料の条件
amebaマンガ 1巻 なし(登録不要)
まんが王国 1巻 なし(登録不要)
コミックシーモア 1巻 なし(登録不要)
U-NEXT 1巻 初回登録時のみ

この中で特におすすめなのは、まんが王国です!

作品が3000以上ある上に、無料で試し読みできるものが多いので、

漫画好きなら登録しておいて損はないですよ^^

【妻小学生になる】第六話感想

『妻小学生になる』6話は、

放送後に「守屋さん」がトレンド入りしてました!

登場シーンが多かったのはもちろん、

圭介に告白してキスまでしたのが驚きでした。

 

原作ではこの後、守屋は万理華の秘密を知ることになります。

ドラマではどうなるのか、気になりますね!

圭介を想う貴恵の振る舞いにも注目です。

 

一方、麻衣と愛川蓮司の関係はやっと少し進展してきたところ。

蓮司の過去の設定は漫画と同じようなので、

交際のきっかけになるのかな、と予想しています。

 

また、万理華役の毎田暖乃ちゃんの演技については毎回話題になりますね。

今回も回想シーンの万理華の表情と

中身が貴恵の時の万理華の表情に違いがあってお見事でした!

 

ドラマ最大の魅力は暖乃ちゃんの演技と言っても過言ではありません。

もちろん彼女にとっても代表作になるでしょうね^^

>>『妻、小学生になる。』7話ネタバレを読む

<<『妻、小学生になる。』全話ネタバレに戻る

妻、小学生になる。原作ネタバレ

\全話独占配信中/

『妻、小学生になる。』を今すぐ見る

▲▲毎月新作200作品以上が見放題▲▲

 

【つましょー】第六話内容ネタバレまとめ

『妻、小学生になる』6話ネタバレ!ドラマ原作あらすじ内容をお伝えしました。

内容をまとめると、

  • 千嘉の過去と想いが語られた
  • 圭介がバーベキューを開催した
  • 守屋が圭介に告白してキス
  • 麻衣は愛川と距離を縮めるも意味深発言をされる

となりました。

 

来週は貴恵の実家とその母が登場します。

また、万理華が気絶するシーンが予告にあり、

何かが起こりそうです!!!

来週の放送が待ち遠しいですね^^

気になる方は、ぜひ原作ネタバレの続きもお楽しみください!

最後まで記事をお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました