【束の間の一花】ドラマ主題歌と挿入歌・BGM・エンディング曲紹介

束の間の一花の主題歌と挿入歌とBGMとエンディング曲 ドラマ
スポンサーリンク

『束の間の一花』のドラマ主題歌や挿入歌、BGM、エンディング曲についてお伝えします。

 

2022年秋ドラマの『束の間の一花』。

原作漫画では涙が止まらない人が続出した、温かくて切ないラブストーリーです。

 

主演にSixTONESの京本大我さんが抜擢され、話題となっています。

 

放送前から注目されている『束の間の一花』の主題歌やエンディング曲は?

ドラマの中で流れるBGMや挿入歌が知りたい!という方も多いのではないでしょうか。

 

この記事ではドラマ『束の間の一花』で使われる音楽や曲名についてお伝えします!

\1巻無料は10/27まで!/

 

【束の間の一花】ドラマ主題歌の歌手と曲目

束の間の一花の主題歌はSixTONESの『ふたり』です。

 

京本大我さんにとっては連続ドラマ初主演の作品となる『束の間の一花』。

初主演ドラマに自身のグループの曲が起用されるなんて嬉しいでしょうね♪

 

公式ホームページでも京本大我さんは、初主演ドラマでSixTONESが主題歌を担当することを喜ぶコメントをしていますよ^^

 

主題歌が流れると涙が溢れてしまう…というファンもいるほどです^^

儚くも心温まる素敵な主題歌でしたね!

\1巻無料は10/27まで!/

 

主題歌は書き下ろし?歌詞の意味とドラマとの関係

主題歌、SixTONESの『ふたり』は書き下ろし曲です

 

作詞作曲はともにYUUKI SANOさん、柳川陽香さんです。

YUUKI SANOさんと柳川陽香さんは、King & Prince『Lovin’ you』でも、ともに作詞作曲を手掛けています。

 

一花(藤原さくら)と萬木先生(京本大我)のように、お互いのことを想う気持ちが強くなるほど、切なさも増していく…。

そんな儚い想いが伝わってくる歌詞になっています。

 

2022年10月2日にラジオで『ふたり』が解禁されました。

初めてフルで曲を聞いたファンたちは「泣ける」「歌詞が最高!」 など、Twitterにはたくさんの投稿がありました。

 

『束の間の一花』というドラマの温かさ、切なさ、前向きさが見事に表現されている『ふたり』。

一花と萬木先生のための曲ではないかと思えるような、主題歌にふさわしい一曲です。

 

【束の間の一花】挿入歌のアーティストと曲名

『束の間の一花』の挿入歌は、現時点では発表されていません。

 

SNSでは多くの方が、藤原さくらさんの新曲『まばたき』が挿入歌に使われるのではないかと予想していました。

しかし第一話で挿入歌はありませんでした。

 

前向きで明るい女子高生、千田原一花(せんだわら いちか)を演じるのは、シンガーソングライターの藤原さくらさんです。

 

藤原さくらさんの新曲6曲を含むEP『まばたき』が、11月9日にリリースされることが発表されています。

 

新曲『まばたき』は、切ないメロディと歌詞が胸に刺さる恋愛ソングだそうです。

発売される時期や曲のイメージから『束の間の一花』の挿入歌になるのではないかと話題になっていました。

 

今のところ挿入歌の発表はありませんが、今後サプライズ演出で『まばたき』が流れるとうれしいですよね!

 

【束の間の一花】BGMのタイトル

『束の間の一花』のBGMタイトルは、発表されていません。

しかしBGMは信澤宣明さんが担当していると発表されています。

 

ドラマの中では、ゆったりしたやさしい雰囲気のBGMが流れていましたね。

ドラマの中で音楽はとても重要な役割を担っています。

 

セリフがないシーンでも登場人物の心情を表すことができたり、ストーリーを盛り上げるために欠かせません。

 

穏やかで心地よい素敵なBGMでした!

 

【束の間の一花】エンディング曲

『束の間の一花』のエンディング曲は、SixTONES『ふたり』です。

 

儚くて前向きなラブソングの『ふたり』。

エンディング曲が流れるタイミングが絶妙で、ハッとさせられた方も多いのではないでしょうか?

 

『束の間の一花』は切ないけど、前を進んで歩んでいくストーリー。

『ふたり』は、そんなストーリーにぴったりの楽曲です!

\1巻無料は10/27まで!/

 

【束の間の一花】ドラマ主題歌と挿入曲音楽まとめ

この記事では、ドラマ『束の間の一花』の主題歌と挿入歌、BGM、エンディング曲についてお伝えしました。

 

内容は下記の通りです。

  • 束の間の一花の主題歌はSixTONESの『ふたり』
  • 主題歌は書き下ろし曲
  • 挿入歌は現時点では発表されていない。
  • BGMのタイトルは不明だが信澤宣明さんが担当
  • エンディング曲はSixTONESの『ふたり』

 

主題歌の『ふたり』は、歌詞を読むだけで泣いてしまう人もいるほど、感動的な曲だということがわかりました。

曲名の通り、一花と萬木先生にぴったりの音楽ですね。

 

悲しいだけではなく、前向きさや純粋さも感じられて、温かい気持ちになれる曲だなと思いました。

これからの二人が気になりますが、ドラマで流れる音楽も楽しみですね♪

\1巻無料は10/27まで!/

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました