新湘南バイパスの事故原因は?ガードレール衝突理由とその後【最新2021】

新湘南バイパス事故原因とその後 ニュース
スポンサーリンク

新湘南バイパスの事故原因は?ガードレール衝突の理由についてお伝えしていきます。

 

2021年12月29日、年の瀬に起きた痛ましい事故の現場となったのは、

神奈川県にある新湘南バイパスでした。

茅ヶ崎市内で発生した事故の画像や映像を見て心を痛めた方も多いかと思います。

また、事故によって渋滞も発生し、帰省ラッシュに影響を及ぼしています。

 

この記事では、新湘南バイパスで発生した事故の原因と、

事故のその後についてお伝えしていきます。

新湘南バイパスの交通事故のガードレール衝突はなぜ起きた?

2021年12月27日午前6時25分頃、新湘南バイパスで交通事故が発生しました。

画像を見ると悲惨な事故の様子が一目で分かります。

 

この事故は単独事故となっており、

被害のある車が道路脇に設置されているガードレールに衝突しています。

事故現場となったのは茅ヶ崎市内で、

この場所は新湘南バイパスの終点付近となっています。

車線が2車線から1車線へと減少してすぐのポイントになっており、

運転手の男性はこれに気づくのが遅れて衝突事故を起こしたと見られています。

 

車線の減少を見落としていた可能性に加えて、

前の車を追い越そうとしてしまった可能性も考えられますね。

新湘南バイパスの茅ヶ崎事故現場の制限速度は?

新湘南バイパスの制限速度は時速80㎞となっています。

ということは、おそらく時速90~100㎞前後で走行している車が多いと思われます。

 

しかし、事故現場は新湘南バイパスの終点付近であり、

上記動画でも分かるように「速度おとせ」の標識も出ています。

ゆるやかなカーブもかかっているので、スピードを徐々に落としたい場所ですね。

 

事故を起こした車は、かなりのスピードでガードレールに衝突してしまったようです。

ガードレールが車に突き刺さった様子を見ると、

時速120㎞以上出ていたかもしれませんね。

新湘南バイパスのオレンジ色事故車の車種は何?

事故を起こした車の車種はトヨタの86(ハチロク)です。

この車はトヨタとSUBARUが共同開発したスポーツカーで、

水平対向エンジンを採用しています。

 

パワーや外観が特に高く評価されており、手軽に乗れるスポーツカーとして人気となっています。

ユーザーの声としては高速道路の走行が快適だとの声が多いようです。

新湘南バイパス交通事故のその後はどうなった?

 

事故の後、運転手の20代とみられる男性は病院に搬送されましたが死亡しています。

事故現場となった道路周辺には、事故の衝撃を表す車や荷物の破片が散乱していて、

午後2時現在も撤去作業が続けられています。

 

この為、下り茅ヶ崎西IC~茅ヶ崎海岸IC間が通行止めとなりました。

復旧にはかなり時間がかかっているようです。

新湘南バイパスの渋滞解消はいつ?

新湘南バイパス下りの交通渋滞は、

事故発生から7時間以上経った午後2時を過ぎてもまだ続いているようです。

事故の撤去作業に加えて、年末の混雑しやすい時期であることも原因と思われます。

渋滞は午後2時現在、下り茅ヶ崎西IC付近で2㎞程とのことです。

新湘南バイパスの事故原因詳細とその後まとめ

新湘南バイパスの事故原因は?ガードレール衝突の理由についてお伝えしました。

結論をまとめておくと、

  • 新湘南バイパスの事故原因は車線減少見落としによる衝突
  • 車は大破し、運転手の男性は死亡
  • 事故後は下り茅ヶ崎西IC~茅ヶ崎海岸IC間が通行止めに
  • 交通渋滞は事故から7時間後も続いている

ということでした。

 

あらたな情報が入手できましたら記事を更新します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました