【六本木クラス】原作ネタバレ!結末は韓国ドラマと違う?

六本木クラス原作ネタバレ ドラマ
スポンサーリンク

ドラマ『六本木クラス』の原作ネタバレ、原作は小説や漫画なのか?結末やストーリーは原作と違うのか?についてご紹介します!

 

竹内涼真さん主演のテレビ朝日系木曜ドラマ『六本木クラス』!

ある事件から絶望の淵に立たされた青年が信念を貫くために、絶対的権力に仲間と立ち向かっていくというストーリーです。

『六本木クラス』は復讐、恋愛、友情の3つが交錯したという究極のエンターテイメント♪

 

そんな『六本木クラス』、ご存じの方も多いかと思いますが大人気の韓国ドラマ『梨泰院クラス』をリメイクしたドラマです!

原作ドラマのファンの方もそうでない方も、原作との違いやドラマの結末が気になりますよね!

『六本木クラス』は原作と何が違うのか?結末は原作ドラマと同じなのか?

原作の韓国ドラマ『梨泰院クラス』のネタバレ、『六本木クラス』の原作との違いや結末についても詳しくご紹介していきます!

 

【六本木クラス】ドラマ基本情報

ドラマ『六本木クラス』の基本情報をお伝えします!

作品名:『六本木クラス』
放送日時:毎週木曜21時~22時
放送局:テレビ朝日系列
主演:竹内涼真
⇒相関図・キャスト詳細
主題歌:Alexandros「Baby’s Alright」

 

原作韓ドラ「梨泰院クラス」は何話まででいつ放送された?

『六本木クラス』の原作の韓国ドラマ『梨泰院クラス』は、1話70分の全16話まであります!

韓国のテレビ局JTBCにて、2020年1月31日から同年の3月21日まで放送されました!

 

日本でも2020年3月28日からNetflixで視聴できるようになり日本中を熱狂の渦に巻き込みました♪

日本のドラマは全10話が定番となっていますが、『梨泰院クラス』は16話と長いですよね!

韓国ドラマは100話を超えるドラマも多くあるようで驚きました!

 

【六本木クラス】原作ネタバレあらすじ紹介

『六本木クラス』の原作である韓国ドラマの『梨泰院クラス』のネタバレをしちゃいます!

 

主人公のパク・セロイは父親と2人で暮らしています。

転校初日に同級生をいじめていたグンウォンを殴って退学処分となってしまったパク・セロイ。

グンウォンが殴ったいじめの加害者は、飲食業界大手のチャンガの会長の息子チャン・グニョンでした。

セロイの父はチャンガで勤めていたため、仕事もクビにされてしまいます・・・。

 

追い打ちをかけるように、セロイの父親が事故で死亡。

なんとこの事故は、同級生のグンウォンが起こしたものでした!

事故ではありましたが、救急車も呼ばずに自分の身代わりを出頭させたグンウォン。

セロイは事故を起こしたグンウォンをボコボコにしてしまい、殺人未遂で3年間拘留。

 

セロイの面会にチャン会長がきてグンウォンに謝罪しろといいます。

これがきっかけでセロイはチャンガを超える企業を作りチャン会長に罪を償わせることを誓います!

 

そして出所後、資金を貯めて韓国の梨泰院で居酒屋タンバムをオープンさせます。

ここからセロイの15年間の復讐劇がスタートします!

 

梨泰院クラスと六本木クラスの違いは?

『梨泰院クラス』と『六本木クラス』の違いをご紹介します!

 

調査してみたところ『六本木クラス』と『梨泰院クラス』は、おおまかなストーリーには違いはありません

『六本木クラス』も『梨泰院クラス』と同じように主人公の宮部新(竹内涼真)が、復讐を誓って絶対的権力に立ち向かうというストーリーです。

そして、新を絶望の淵に立たせた日本最大の巨大外食産業「長屋ホールディングス」の会長と息子に土下座をさせ、罪を償わせるということが人生の目標です。

 

しかし、おおまかなストーリーは同じでもキャストが日本版になっているというところが原作と日本版の最大の違いですよね!

そしてもちろん韓国の梨泰院ではなく、六本木が舞台となって周辺で撮影が行われています!

その他にもドラマの設定に違いがありますよ。

 

  • 日本人の役名
  • 舞台が梨泰院から六本木に
  • 役柄の細かい設定が違う
  • 『梨泰院クラス』は70分の16話、『六本木クラス』は54分の13話
  • 主題歌が『梨泰院クラス』はGAHOの「はじまり/Start」、『六本木クラス』はAlexandrosの「Baby’Alright」

 

最大の違いであるキャストですが、日本版では主人公の宮部新を竹内涼真さんが演じます。

これは原作ではセロイという青年です。

父と2人で暮らす宮部新は、愛想はないが真っすぐな性格。

信念をもって生きるということをとても大事にしていて復讐を誓います!

 

そして、ドラマのヒロイン楠木優香を演じるのは、新木優子さん。

新の初恋の相手です!

『梨泰院クラス』ではスアにあたります。

 

さらにもう1人のヒロイン、麻宮葵さんを演じるのは平手友梨奈さんです。

IQ162でフォロワーが76万人もいるというインフルエンサー。

原作ではイソにあたります。

 

他にも豪華キャストたちが勢揃いしている『六本木クラス』。

俳優陣が『六本木クラス』をどのように作り上げていくのかも楽しみですね!

 

また、『梨泰院クラス』は16話、『六本木クラス』13話と話数に違いがあるため、少しストーリーが変わっている部分もあるのではないかと思います!

 

現時点で1話のあらすじでも、楠木優香との出会いが原作とは少し違いました!

そのため今後もストーリーの違いが出てくる可能性が高いですね!

日本オリジナルというだけあって、日本ならではの設定もあるかも!?

現時点で発表されているキャストも『梨泰院クラス』では登場しなかったキャラクターがでてきたり、日本オリジナル版の『六本木クラス』が楽しめるかと思います(^^)/

 

ちなみにドラマ『梨泰院クラス』にも原作があり、それは『梨泰院クラス』という漫画です!

その原作漫画『梨泰院クラス』を日本語翻訳した漫画が『六本木クラス』。

その漫画をさらにドラマ化したものがドラマ『六本木クラス』となっています!

 

漫画の『六本木クラス』との違いも、放送前の現時点では違いはわかりませんがおおまかなストーリーは同じかと思います!

原作漫画をチェックしてから、ドラマ『六本木クラス』を楽しむのもいいかもしれませんね!

 

六本木クラスの結末はどうなる?

『六本木クラス』の結末が早くも気になっている方も多いですよね!

『六本木クラス』はまだ放送前のため現時点では結末は分かりません

 

しかし原作と『六本木クラス』は、の主人公セロイは復讐を誓った相手に、土下座させて罪を償わさせるという人生の目標が同じです。

そのため、原作の『梨泰院クラス』と『六本木クラス』の結末も同じではないかと思います!

 

そのため、『六本木クラス』の結末は、

  • 新の宿敵「長屋ホールディングス」の会長が土下座をして新に謝る
  • 会長の息子が起こした不祥事が世間にばれる
  • 新は復讐を喜べないほど成長した
  • 「長屋ホールディングス」を新が買収
  • 新は麻宮葵と結ばれる

上記のようになると予想します!

 

ちなみに原作の『梨泰院クラス』の結末は、ハッピーエンドです!

主人公セロイの会社は大きくなり、セロイの宿敵であるチャンデヒの会社は不正が世の中に出てしまい売却を逃れられない状況に。

会長のチャンデヒはセロイに土下座をして謝ります!

しかしセロイはそれだけを人生の目標に生きてきたはずなのに、まったく嬉しくありません。

セロイは、仲間たちと共に過ごしていく中でもっと大切なものを見つけたからです。

 

そしてチャン会長にお金より大切なことを教え、チャンガグループはセロイの会社に買収されました!

 

また、ドラマの見どころの1つでもあるセロイの恋の行方は・・・

なんとイソと結ばれる運命でした!

日本版でも復讐劇だけではなく、恋の行方も気になるところですね!

 

『六本木クラス』の結末は感動とスッキリを味わえること間違いなしです(^^)/

また、原作での見どころの1つである主人公の名言などはそのまま再現されるかと思いますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

『六本木クラス』、放送スタートが待ちきれませんね(´・ω・)

 

ドラマ【六本木クラス】原作あらすじネタバレまとめ

ドラマ『六本木クラス』の原作の韓国ドラマをネタバレ、気になる『六本木クラス』の結末をご紹介。

『六本木クラス』には、小説や漫画もあるのかについてもご紹介していきます。

 

  • 『六本木クラス』は韓国ドラマ『梨泰院クラス』をリメイクした日本オリジナル版
  • 『梨泰院クラス』のあらすじをネタバレ
  • 『六本木クラス』と原作の韓国ドラマとの違いをご紹介
  • 『六本木クラス』の結末を予想

 

『六本木クラス』、これは日本版もヒット間違いなしですよね!

放送スタートを楽しみに待ちましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました