ブルーインパルス撮影場所おすすめはどこ?パラリンピック2020展示飛行時間はいつか

エンタメ
スポンサーリンク

パラリンピックのブルーインパルスはいつどこで見られる?おすすめ撮影場所についてお伝えしていきます。

8月24日(火)、東京パラリンピックの開会日となるこの日、国立競技場上空での航空自衛隊によるブルーインパルスのアクロバット飛行が行われます。

また、この予行演習は22日(日)14時頃に行われました。

オリンピックの時や予行を見逃してしまったという人も、もう一度見たいという人も、是非ブルーインパルス展示飛行のルートや時間など詳細情報を確認して備えましょう。

先月のオリンピック開会日とその予行飛行訓練の様子を元に、当日にブルーインパルスを見られる場所やおすすめの撮影場所についても紹介していきます。

東京パラリンピック開会日のブルーインパルス飛行ルートと内容は?

空自衛隊によるブルーインパルスのアクロバット飛行は、8/22(日)に予行、東京パラリンピックの開会式が行われる8月24日(火)に本番の飛行が行われることが発表されています。

飛行ルートは既に公式に発表されていますので、画像をご確認ください。

画像の地図に示されている黒い丸の場所が東京都庁、そのすぐ下のラインがクロスしている場所が国立競技場です。

現在、ブルーインパルスは普段拠点としている宮城県の松島基地から埼玉県の入間基地に移動しているそうです。

そして、この入間基地が東京パラリンピック開会パフォーマンスのスタート地点、離陸場所となります。

入間を離陸した後、都内に入って地図に示された通りのルートで東京駅都庁東京タワー東京スカイツリー国立競技場上空を飛行します。

オリンピックの時にはカラースモークを使った演出があったのですが、残念ながら今回は周回のみのパフォーマンスだそうです。

しかし、それでも人気のブルーインパルス、やはりチャンスがあるなら生で見たいという人も多いはず。

直線やカーブ、どこを撮ってもカッコイイ写真が取れそうです。

東京2020パラ開会パフォーマンスのブルーインパルス展示飛行時間はいつ?

8月24日(火)パラリンピック開会式当日のブルーインパルスの飛行時間は14時~14時15分頃と公式に発表されました。

実は、ブルーインパルスの展示飛行の時間は事前に決められていることはあまりなく、具体的な飛行時間については天候等を考慮した上で、当日の飛行直前に発表されることが多いです。

今回は前日に飛行時間が発表されたので珍しいケースです。

 

この発表は航空自衛隊のTwitterで見ることができますので、今後もブルーインパルスの飛行を見たいという方はフォローしておくことをおすすめします。

 

 

ここからは余談となりますが、これまでのブルーインパルスの飛行時間をまとめてみました。

日にち イベント名 飛行時間
2021年5月23日 東北絆まつり2021山形 14時30分頃
2021年4月22日 令和3年度第70回となみチューリップフェア 12時頃から20分程度
2020年5月29日 東京都内上空 12時30分から13時10分
2019年12月15日 新田原基地航空祭 2019 (新田原エアフェスタ) 13時30分頃
2019年11月13日 入間基地航空祭 2019 13時25分頃
2019年10月20日 エア・フェスタ浜松 (浜松基地航空祭) 2019 13時15分頃
2019年9月25日 ラグビーワールドカップ2019日本大会 14時10分頃

飛行時間を見ると分かるように、12時から14時半頃までの実施が多いです。

7月21日のオリンピックテスト飛行は13時頃、開会式当日の飛行は12時45分頃、パラリンピックテスト飛行は14時頃でした。

このくらいのお昼の時間帯だと、空がきれいに見えるのからだと思われます。

東京オリンピックの空自ブルーインパルス撮影スポットのおすすめはココ

ブルーインパルスのテスト飛行を是非生で見たい、写真を撮影したいという方に、おすすめのポイントを紹介していきます。

こちらは、天気の良かった7月21日のオリンピックテスト飛行時に撮影、SNSに投稿された画像を元に紹介していきます。

ブルーインパルスが見れる撮影ポイント①国立競技場周辺

こちらの動画を見ておくと、飛行ルートで描くブルーインパルスのスモークが実際にどのように見えるかイメージしやすいかと思います。

オリンピックの時にはこのように五輪マークが描かれていたので、国立競技場周辺は1番の見どころでした。

パラリンピックではこのような演出はないそうですが、やはりメイン会場での見学や撮影は外せません。

近くで見るとブルーインパルスの飛行音も大きく聞こえるそうなので、迫力を感じることができそうです。

しかし、ブルーインパルス上空1kmを飛行するとのことなので、パフォーマンス全体を見たいという人は少し離れた場所のビルの上等から見るのがおすすめです。

写真を撮りたい人もこちらの方がよさそうですね。

ブルーインパルスが見れる撮影ポイント➁東京タワー周辺

東京のシンボルである東京タワーとブルーインパルスを一緒に楽しむのも絵になります。

世界国旗を一緒に入れた写真もオリンピックの雰囲気が出ていて素敵です。

ブルーインパルスが見れる撮影ポイント➂東京スカイツリー周辺

東京スカイツリーも東京のシンボルなので良いですよね。

ここは飛行ルート上、 ブルーインパルスがぐるっと旋回する場所なので、カーブするところを見たい、撮影したいという人にもおすすめのスポットです。

東京タワーよりも高さがあるので、こちらはスカイツリーの建物よりも少し離れた場所を狙うのがおすすめです。

ブルーインパルスが見れる撮影ポイント④東京駅周辺

東京駅の赤レンガ駅舎とブルーインパルスのコラボレーションもやはり美しいです。

こちらも人気の撮影ポイントになりそうですね。

ブルーインパルスが見れる撮影ポイント⑤東京都庁周辺

都庁の建物や高層ビルの間からブルーインパルスをのぞくアングルが素晴らしいですね。

都庁は国立競技場と近くにあるので、この場所は五輪マークも見ることができるポイントでイチオシです!

 

東京パラリンピックのアクロバット飛行は何時からで場所はどこかまとめ

オリンピックのブルーインパルスはいつどこで見られる?おすすめ撮影場所についてお伝えしました。

結論をまとめておくと、ブルーインパルスの8月24日の展示飛行時間は14時から14時15分頃までとなります。

見学や写真撮影のおすすめスポットは国立競技場や東京タワー、東京スカイツリー、都庁周辺です。

飛行直前の発表を見逃さず、是非良い場所で見てみたいですね。

コメント

  1. パリ飛行機のスモーク国旗はアクアフレッシュみたい?東京オリンピック閉会式 | こゆるぎらいふ より:

    […] […]

タイトルとURLをコピーしました