オリンピックは何歳から出場できる?年齢制限・最年少・最高齢選手と出場資格

スポーツ
スポンサーリンク

東京オリンピック選手の出場年齢資格は何歳からで最年少・最高齢の選手は誰かについてお伝えしていきます。

7月26日にスケボーの西矢椛(もみじ)選手が初出場で金メダルを獲得しました。

とても嬉しいニュースですが、西矢選手の年齢にびっくり!なんと13歳!!

更に、8月4日にはスケボー開心那(ひらきここな)選手が銀メダルを獲得、なんと年齢は12歳!!

素晴らしい実績ですが、オリンピックに13歳が出場できるなんて知らなかったという人も多いはず。

そこで、この記事ではオリンピック年齢資格や最年少・最高齢の出場選手について紹介しています。

【東京オリンピック】代表選手の出場年齢資格は何歳から?

結論から言うと、IOC(国際オリンピック委員会)は、五輪出場選手の最低年齢を定めていません

しかし、各競技委員会や連盟等が独自の基準で年齢制限を設けているため、種目によって選手が出場できる年齢が異なります。

例えばスケートボード(スケボー)は年齢制限なし、体操は16歳以上、ボクシングは18歳以上などとなっています。

なんとなく感覚的に16歳くらいから出場できると思い込んでたので、若い選手の活躍には驚くばかりです!

【東京オリンピック】最年少で出場していている選手は誰?

東京オリンピック全世界出場国の中で最年少のアスリートは、卓球シリア代表のヘンド・ザザ選手で12歳1ヶ月だそうです。

なんと日本だと小学6年生という年齢です。

オリンピックの卓球種目では歴代最年少での出場となりました。

結果は残念ながら初戦敗退となってしまいましたが、3年後のパリオリンピックでもまだ15歳のザザ選手!

これからの活躍に期待したいですね。

【東京五輪】日本代表選手の中で最年少はスケボー開心那選手

 

この投稿をInstagramで見る

 

tkc(@tkc18jp)がシェアした投稿

日本選手団の中で最年少の選手は開心那(ひらき ここな)選手で、なんと12歳11ヶ月中学1年生です。

開選手はスケートボード女子パークに出場し、見事銀メダルを獲得しました。

12歳でのオリンピック出場は、夏季五輪では最年少、そして開選手は日本のオリンピック史上最年少のメダリストとなりました。

本当に素晴らしい活躍ぶりですね。

そして、日本選手団の中で2番目に若い選手は冒頭でもお伝えした西矢椛(もみじ)選手で、13歳11ヶ月です。

西矢選手は日本の歴史上最年少の金メダリストとなりました。

中学2年生ということで、まだまだあどけない笑顔が可愛らしい年齢です。

中学生が金メダルなんて、もう凄いとしか言えないです!!

【東京五輪】代表選手の出場資格上限は何歳まで?

こちらもやはり、IOCでは年齢制限を設けていません

しかし、競技によっては各委員会や連盟等が独自の年齢制限ルールを設けています。

1番話題になっていたのはサッカーで、FIFA(国際サッカー連盟)が定めた規定により、東京オリンピックの出場資格を有する選手は1997年1月1日生まれ以降の選手(24歳以下)となっています。

その他ボクシングも41歳以下と決められているそうですが、下限に対して上限を決めている競技は少なく、ごくわずかです。

【東京2020】出場選手の中で最年長は誰?

東京オリンピック出場選手の中で最年長となったのは馬術オーストラリア代表のメアリー・ハナ選手で66歳です。

ハナ選手はお孫さんが4人いるそうですが、パリ五輪にも出場したいと語っていてカッコイイです。

馬術は五輪競技の中で唯一男女の区別なく行われていて、最高齢の選手はどのオリンピック大会でも場施術の選手であることが多いです。

オリンピック史上最年長で出場を果たした選手もやはり馬術で、日本代表の法華津寛(ほけつひろし)さんがその記録を持ちます。

法華さんは2012年のロンドン大会に71歳で出場しました。

71歳のアスリート、カッコよすぎるし、同じ日本人として誇らしいです。

【東京五輪】日本代表選手の中で最年長なのは誰?

東京オリンピック日本選手団の中で最年長は馬術の北原広之選手で49歳です。

北原選手はこれまでアジア大会や世界選手権にも出場していますが、オリンピックへの出場は今回が初めてだそうです。

49歳での挑戦は見ている側としてとても勇気をもらえますし、楽しみです。

【東京2020】オリンピックは三歳から出場できるのか・最年少最年長選手まとめ

東京オリンピック選手の出場年齢資格は何歳からで最年少・最高齢の選手は誰かについてお伝えしました。

結論としては、IOCでは年齢制限については上限下限ともに設けていませんが、競技ごとにルールが定められているということでした。

また、東京オリンピックの最年少選手は卓球シリア代表のヘンド・ザザ選手で12歳、最年長選手は馬術オーストラリア代表のメアリー・ハナ選手で66歳でした。

改めてこの二人の年齢を見比べると、おばあちゃんと孫という関係も成り立ってしまいますね。

最年少選手も最高齢選手も、今後の活躍が楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました