【妻、小学生になる】8話ネタバレ!ドラマあらすじ内容を紹介

妻、小学生になる。8話のネタバレ ドラマ
スポンサーリンク

ドラマ『妻、小学生になる』8話のあらすじ内容をネタバレありで紹介していきます。

 

TBS金曜ドラマ『妻、小学生になる。』第8話は涙なしには見られない展開でした。

万理華(貴恵)の生まれ変わりの真実がわかり、

予想はしていた通り、貴恵は悲しい決断を迫られることに。

 

ドラマの内容を大きく左右する出雲と謎の男、

寺カフェマスターの話にも注目です。

この記事では、ドラマ『妻、小学生になる。』8話の内容ネタバレと、

原作漫画とのストーリーの違いをそれぞれお伝えしていきます。

妻、小学生になる。原作ネタバレ

\全話独占配信中/

今すぐ「妻、小学生になる。」を視聴する

▲▲毎月新作200作品以上が見放題▲▲

【妻、小学生になる。】ドラマ8話のあらすじネタバレ

『妻、小学生になる。』第8話は3月11日(金)22時から放送されました。

 

前回の第7話は新島家と白石家の4名で大晦日に寺にお参りに行った後、

年越しの瞬間に万理華(毎田暖乃)が倒れてしまいました。

そして、目が覚めると貴恵の記憶と人格がなくなっていたのです。

 

第8話はその続きから始まります。

 

目が覚めて貴恵としての記憶がない万理華は知らない大人2人が近くにいて混乱し、

その場から逃げてしまいます。

万理華が逃げた先にちょうど寺カフェのマスター(柳家喬太郎)がいて、

万理華を抱き抱えます。

そして万理華はそのまま眠ってしまったのでした。

 

次の日の朝、万理華が目覚めると貴恵の人格が現れました。

そのまま4人でおせちを食べながら万理華が麻衣(蒔田彩珠)にお年玉を渡したりと

雑談を楽しみます。

 

目覚めた万理華に貴恵の人格が戻っていることを残念に思っているような

千嘉(吉田羊)の様子が印象的でした。

 

万理華と千嘉が新島家から帰る途中、

千嘉は大晦日の夜に倒れた後の万理華は自分の娘である万理華だったと伝えます。

 

一方、圭介(堤真一)と麻衣は貴恵がまたいなくなってしまうのではと心配していると

友利(神木隆之介)が同じ境遇の人を知っていると言います。

そして出雲凛音(當間あみ)に電話をかけますがつながらず、

圭介も麻衣もガッカリするのでした。

 

麻衣は万理華のことを心配するあまり、

蓮司との初詣でも何度もため息をついてしまいます。

そんな麻衣が蓮司に幸せが崩れそうで怖いと相談すると、

蓮司はいくら丼に例えて自分なりに麻衣を励まします。

 

圭介は出雲の本が気になって読み始めます。

会社の昼休みにその本を読んでいると、

守屋(森田望智)もその本のことを知っていて

最終巻が近々発売すると教えてくれました。

 

最終巻が発売する日に出雲のサイン会があると知り、

出雲と話をするために万理華と圭介、麻衣、友利の4人でサイン会に行くことに。

サイン会の整理券の列に並ぶと、

2枚もらったところでちょうど整理券が終わってしまいます。

 

サイン会に並ぶことになった圭介と友利はそれぞれ出雲に話しかけようとしますが、

あっけなく失敗してしまいます。

ところが、友利の本にはサインの代わりにメッセージが書かれており、

そこに記された場所へ向かうことに。

 

出雲のメッセージの通り、カフェで待っていると出雲がやってきます。

友利は出雲に万理華の話をすると、

出雲は自分もそうだと言って自分の境遇を話します。

出雲は吉原康司(水川かたまり)の生まれ変わりではなく吉原が憑依していたのです。

出雲は万理華に憑依した時のことを思い出せないかと問いました。

 

話を聞いた4人は暗い雰囲気になります。

万理華はそのまま帰ると言い帰路に着くのでした。

万理華は出雲の話を思い出しながら、

千嘉が働いているお弁当屋さんに寄りました。

すると、突然千嘉が倒れてしまいます。

 

倒れた原因は貧血でした。

万理華のことを考えこみ、食欲がわかなかったとのこと。

大晦日の日に万理華が戻った時、

抱きしめようとしたら避けられたことがショックだったと言います。

しかし、千嘉は同時に納得もしていました。

 

万理華は貴恵として親子に申し訳ない気持ちになり、考え込みます。

そしてベッドの中で夢を見るように、

貴恵が万理華に憑依した時のことを思い出すのでした。

 

 

場面は変わってある日、

出雲は友利と待ち合わせて昔通っていた本屋に行きます。

そこで出雲は吉原として死ぬまでの人生や、

出雲に憑依してからのことを友利に語りました。

そして話終わると、

出雲に憑依していた吉原は出雲に体を返したのでした。

 

一方、寺カフェで万理華を待っていた圭介は

貴恵のことを見たというマスターに万理華のことを相談します。

マスターはお寺に場所を写し、住職として圭介に話をすることに。

圭介に貴恵との縁について諭します。

 

同じ時、寺カフェでは万理華と守屋が二人きりで話をしています。

そこで圭介が守屋の告白を断ったと知った万理華は、

ある決心をするのです。

万理華は圭介にメッセージを残してその場を後にしました。

 

夜、圭介と麻衣、友利、千嘉が新島家に集まっていました。

万理華はそこで貴恵が万理華に憑依した時のことを思い出したと話します。

貴恵(石田ゆり子)が万理華に憑依する前のことも語られました。

そして貴恵は、圭介と麻衣、友利が予想していた通り、

受け入れられない決断をします。

3人に短いメッセージを残して、万理華は倒れました。

 

目を覚ました万理華は千嘉に抱きつきました。

第8話はここで終了です。

>>『妻、小学生になる。』9話ネタバレを読む

<<『妻、小学生になる。』全話ネタバレに戻る

妻、小学生になる。原作ネタバレ

\全話独占配信中/

「妻、小学生になる。」を視聴する

▲▲毎月新作200作品以上が見放題▲▲

 

【妻、小学生になる。】ドラマ8話の原作漫画ネタバレ

ドラマ『妻、小学生になる。』8話該当部分の、

原作漫画とのあらすじ内容の違いを紹介していきます。

 

まずは麻衣と蓮司が初詣に行っていたシーン!

ドラマではすでに交際が始まっていますが、

原作では初詣で告白シーンがあり、交際がスタートします。

 

また、出雲の本については、

ドラマでは友利がその存在を万理華たちに教えています。

しかし、原作では出雲の本は映画化されているのです。

圭介と万理華がデートをした時にその映画を観て、

その後すぐに万理華は本を読み、

自分から出雲に会いに行きます。

 

このあたりの万理華の心の葛藤は漫画の方がよく描かれています。

ドラマの方がスピード感があるので、

仕方ないのでしょうが^^;

 

ちなみに守屋はドラマではこの本を弥子から借りていますが、

原作だと守屋は読書家で、その本も自分で買ったものです。

 

ドラマ後半の万理華と守屋が話すシーンも原作とは違います。

漫画では、圭介が守屋からの告白を断る際に万理華の正体を話し、

守屋から万理華へ2人で話したいと持ち掛けます。

原作ではこのシーンはバチバチです(笑)

 

そして寺カフェのマスターについては、

これまでも紹介してきた通りドラマオリジナルキャラクターなので、

登場シーンもすべてドラマオリジナルとなります。

 

来週は最終回前編の第9話!

原作漫画はまだ完結していないので、

ドラマオリジナルの部分が増えてくるかもしれませんね。

原作漫画はまだまだいろんな事件が巻き起こるので、

ぜひ一度は読んでみてください^^

【妻小学生になる】原作漫画を無料で読む方法はある?

ドラマ『妻、小学生になる。』の原作である、

村田椰融さんの同タイトル漫画は、

下記のサイトで無料で読むことができます。

サイト名 無料で読める範囲 無料の条件
amebaマンガ 1巻 なし(登録不要)
まんが王国 1巻 なし(登録不要)
コミックシーモア 1巻 なし(登録不要)
U-NEXT 1巻 初回登録時のみ

この中で特におすすめなのは、まんが王国です!

作品が3000以上ある上に、

無料で試し読みできるものが多いので、

漫画好きなら登録しておいて損はないですよ^^

【妻小学生になる】8話感想

貴恵としての万理華と、

貴恵としての記憶がない万理華の演じ分けがうますぎて、

貴恵としての記憶が無くなったことが分かりやすかったですよね!

 

ぶっ飛んだ設定のドラマですが、

万理華役の毎田さんの演技が素晴らしく、ストーリーに馴染みやすくなっていますよね!  

麻衣と蓮司が初詣に行っている時の掛け合いがとても可愛かった^^

 

自分が好きだからといくら丼を例に出しているのも可愛かったですし、

それに対する麻衣の反応も二人が仲良くなり始めているんだなと感じて

ほのぼのしてしまいました! 

 

最後の万理華の決断のシーンでは、

圭介たちが反対していましたね。

急なことで余裕がないのはわかるのですが、

千嘉の気持ちも考えてあげてーと思ってしまいました。 

 

貴恵が万理華に憑依している限り、千嘉の娘の万理華は戻ってきません。

千嘉に万理華を返してあげてほしいと思ってしまいました。

次回は最終回前編。

登場人物みんなが幸せに終わるといいなと思いますが、

やっぱりまた泣けそうな展開かな・・・

妻、小学生になる。原作ネタバレ

\全話独占配信中/

「妻、小学生になる。」を視聴する

▲▲毎月新作200作品以上が見放題▲▲

【つましょー】第八話内容ネタバレまとめ

ここまで『妻、小学生になる。』の第8話のあらすじの内容を紹介してきました。 まとめると

  • 年越しと同時に一瞬貴恵としての記憶がなくなるが、また貴恵としての記憶が戻る。
  • 万理華は貴恵の生まれ変わりではなく貴恵が万理華に憑依している。
  • 出雲も吉原に憑依しており、未練が無くなったため出雲に体を返した。
  • 万理華は憑依した時のことを思い出して決断を下す。

でした!   貴恵がいなくなった新島家はどうなってしまうのか。 次回も見逃せません!

コメント

タイトルとURLをコピーしました