【マイファミリー】小春ちゃんはどうなった?事件詳細とラスト考察

マイファミリー小春ちゃん結末考察 ドラマ
スポンサーリンク

【マイファミリー】小春ちゃんはどうなった?事件詳細とラスト考察についてお伝えします。

 

ついに最終回放送を迎えた『マイファミリー』、誘拐事件の全貌と真犯人が捜査一課長の吉乃栄太郎(サンドウィッチマン富澤たけし)であることが判明しました。

最後の最後まで犯人が予想できない展開でしたが、東堂小春ちゃん(野澤しおり)の誘拐事件を起こした理由は自身の身を守るためで、とても悲しい動機でした。

 

そしてドラマのラストシーンで流れた鳴沢家、阿久津家、三輪家の新しいスタート・・・

しかし、そこには東堂家は登場しませんでした。

結局最後に小春ちゃんはどうなったの?生きてる?もう死んでるの????

と疑問に思った方も多いはず!

 

そこで、この記事では小春ちゃんがどうなったかの考察をまとめ、小春ちゃん誘拐事件を振り返っていきます。

『マイファミリー』ドラマ各話のネタバレは別の記事にまとめていますので、こちらも合わせてご覧ください^^

 

【マイファミリー】心春ちゃんは生きてるの?最終回はどうなった?

最終回のラストシーンは続々と家族のハッピーエンドが見られましたが、東堂夫妻はここには登場しませんでした・・・

モヤモヤした方、多かったはずです(笑)

え?会えたって東堂亜紀さん(珠城りょう)泣きながらうなずいてなかった??

 

しかし、その「会えた」というのは生きて会えたというわけではなかったんです・・・

上記SNSの投稿にもあるように、小春ちゃんが遺棄されたことは葛城刑事(玉木宏)が鳴沢温人(二宮和也)に事件の詳細を語る場面でやんわり伝えられました。

 

回想シーンで吉乃が小春ちゃんからスマホを奪おうとした際、もみ合いになって小春ちゃんは階段から転落しています。

その後の様子は写っていませんでしたが、倉庫から転落した阿久津実咲(凛美)と同じような状態か、すでに息を引き取っていたものと思われます。

 

そして吉乃は遺棄した小春の存在を隠すために、誘拐事件をでっちあげたのです。

そして、亜紀が東堂に面会に来た際、靴とズボンが泥で汚れていました。

これは心春ちゃんの死体遺棄現場に行った後だったからです。

東堂は亜希の姿を見てこのことを察していました。

 

そのため、心春が遺棄されていたことを理解した上で、

亜紀に心春と会えたのかを聞いたのです。

とても残念な結果でしたが、東堂が起こした誘拐事件によって真実が明らかになりました。

【マイファミリー】心春ちゃん誘拐事件ネタバレ

先述した通り、心春ちゃんの誘拐事件をでっちあげたのは捜査一課長の吉乃でした。

その目的は、心春ちゃんの遺体を隠し、行方不明とすることでした。

 

そもそも心春ちゃんが吉乃に会いに行った理由は2つありました。

  • 母・亜希との不倫を止めさせるため
  • 自分の誘拐事件を起こさせ、父と母の関係再構築に協力させるため

順番に解説していきます。

 

ますひとつ目の亜紀と吉乃の不倫についてです。

元々吉乃は部下思いな性格で(これはもはや信じられませんが 笑)、現役の刑事だった東堂樹生(濱田岳)の家族ということで亜紀の相談に乗っていました。

しかし、その後不倫関係へと発展。

車内で寄り添う母と吉乃の姿を、心春は目撃してしまったのです。

 

母とはもう会わないで欲しいと言う心春は、亜紀とのツーショット証拠写真も吉乃に見せました。

そして吉乃は、亜紀ともう会わないことについてはすんなり了承しました。

 

 

そして2つ目の小春の要求は、誘拐事件を起こすというものです。

心春は、刑事の仕事が忙しくて過程を顧みない父と不倫に走ってしまった母の関係を心配していました。

このままでは離婚してしまうと。

しかし、自分が誘拐されることで父と母はもう一度昔のような気持ちを取り戻してくれるのではないかと期待したのです(´;ω;`)

 

そして、心春は実咲にもこのことを打ち明け、一緒に誘拐事件の計画を立ててノートにその内容をまとめていました。

この要求に、吉乃はさすがに難色を示します。

しかし、決めるのは自分だと頑なな心春・・・

そこで吉乃は隙を見て心春のスマホを奪おうと試みます。

そして、吉乃は心春ともみあいになる中で、階段から彼女を突き落としてしまう形に・・・

 

その後心春を遺棄した吉乃は、その事実を隠蔽するために心春が計画した誘拐事件を実行に移しました。

小学校1年生の時に遠足で行った場所を質問したのは心春のノートに書かれていたアイディアで、父にもっと自分のことを気にかけて欲しいという娘の想いからでした。

 

そして、犯人からの連絡はここで途絶えてしまったのですが、そもそもこの時点で心春ちゃんはもう生きていなかったということになります。

誘拐されたまま行方不明とされることが吉乃の目的なので、初めからこの結末は決まっていました。

 

 

そして、捜査の矛先が亜紀に向けられます。

亜紀は吉乃と不倫していた事実を隠していたので、怪しまれたのも無理はありません。

また、亜紀は心春が誘拐された際に何をしていたかという供述が二転三転していたことも怪しまれていました。

 

しかし、これはこの時吉乃と会っていたためで、吉乃から説得されて供述を変えたとのことでした。

亜紀はもちろん、心春の失踪の原因が吉乃であることは知りません。

しかし、自分が不倫をしている最中に娘が誘拐されたことに気を病み、家を出ることを決めます。

 

家を出る際、亜紀は吉野に連絡をしていました。

心春のところへ行くと。

亜紀は心春の死を受け入れていたようです。

この連絡を受けた吉乃は、亜紀は自殺するものだと思い込みましたが、実際には亜紀は心春の生存の可能性を考えると死に切れませんでした。

 

そして時は流れ、吉乃はのうのうと暮らしていましたが、東堂と温人に罪をなすりつけるチャンスが訪れたこと、

阿久津実咲が吉乃と亜希の不倫証拠写真を持っていたことから新たな犯行を重ねたのでした。

【マイファミリー】こはるちゃん誘拐事件と結末考察まとめ

【マイファミリー】小春ちゃんはどうなった?事件詳細とラスト考察についてお伝えしました。

結論をまとめておくと、以下の通りです。

  • 小春ちゃんは吉乃が誤って階段から突き落とされて遺棄された
  • 亜紀は小春ちゃんの遺棄現場で遺体と対面してから東堂に面会に行った
  • 吉乃が小春ちゃん誘拐事件を起こした理由と真相詳細

 

他の家族は新たなスタートを迎える中、東堂夫妻の物語だけは悲しい結末となりました。

妻の不倫と娘の死を突き付けられた東堂はもちろん、亜紀も自分の不倫が原因で娘が死んでしまった事実や妹と夫を犯罪者にしてしまった事実を背負って生きていかなければなりません。

もうここは辛すぎるのですが、さすが濱田岳さん!な演技でした(´;ω;`)

あとは他の家族を見て癒されることにしましょう・・・!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました