【純愛ディソナンス】ネタバレ!最終回結末に号泣のあらすじとは

純愛ディソナンスネタバレ最終回結末 ドラマ
スポンサーリンク

フジテレビ系木曜22時の中島裕翔さん主演ドラマ『純愛ディソナンス』のネタバレ、最終回結末を紹介します!

『純愛ディソナンス』は禁断の関係にセカンドパートナーという新しい概念を加えた、令和のドロドロ恋愛ドラマです。

中島裕翔さんが初の教師役を務め、キスシーンやベッドシーンも話題になりました(/ω\)

 

そんな『純愛ディソナンス』のネタバレ、気になる最終回結末は?

ドラマの基本情報やあらすじと共に紹介していきます!

【純愛ディソナンス】ドラマの基本情報

放送日時:毎週木曜22時~
放送時間:1時間(初回のみ15分拡大)
主演:中島裕翔、吉川愛
⇒相関図・出演者詳細
ドラマ主題歌:Fate or Destiny「Hey!Say!JUMP」

『純愛ディソナンス』は「Hey!Say!JUMP」の中島裕翔さんが主演を務めるフジ2022年夏ドラマです。

これまで爽やかな役柄を演じる事が多かった中島裕翔さんですが、本作ではそのイメージを一新。

闇を抱える音楽教師、新田正樹(にったまさき)を演じました。

 

どこか大人びた雰囲気を持つヒロインの和泉冴(いずみさえ)を演じたのは、ドラマ『明日、私は誰かのカノジョ』にも出演し、話題となった吉川愛さん。

あの学園不倫ドラマと似てる!?なんて意見もありますね^^

 

主題歌は主演の中島裕翔さんが所属する、Hey!Say!JUMPの「Fate or Destiny」です!

「Fate or Destiny」はドラマのために書き下ろされた一曲で、Hey!Say!JUMPがフジテレビドラマの主題歌を担当するのは6年ぶりです♪

⇒『純愛ディソナンス』原作

 

【純愛ディソナンス】ドラマ放送はいつからいつまで?

『純愛ディソナンス』の放送開始日は2022年7月14日(木)22時から初回15分拡大で放送されました。

ドラマは全11話となっていて、最終回は9月22日(木)に放送されました。

 

純愛ディソナンスとはどんな意味?

このドラマのタイトルには、ドロドロした意味が込められています!

  • 純愛=セカンドパートナー
  • ディソナンス=不協和音

を指しているのです。

 

まず、セカンドパートナーとは、恋のときめきを感じるために持つ二人目のパートナーのことです。

最後までプラトニックを貫く、不倫とは一線を引く関係性を指しています。

とても繊細な関係は壊れやすいのでしょうか?

それとも純愛の方が強いのか・・・

このあたりはドラマの見どころの一つです^^

 

そしてディソナンスは不協和音を意味しますが、新田と冴の関係がもたらす周囲へのひずみを象徴した言葉と捉えられます。

登場人物たちが、少しづつ破滅へ向かっていく『純愛ディソナンス』。

心や恋愛がもたらす怖さがにじみ出たドロドロの展開を見ることができちゃいます(*ノωノ)

【純愛ディソナンス】あらすじネタバレ

物語の第一部は高校が舞台となっています。

音楽の新任教師としてやってきた新田正樹(中島裕翔)は出勤前夜、音楽室でピアノを弾いていました。

そこで新田はどこか大人びた女子生徒、和泉冴(吉川愛)と出会います。

この時、二人はこの出会いを何度も思い出すことになるなんて思わなかったでしょう。

二人の間に「特別な感情」が生れる事も…

 

新田の校内での評判は上々。

生徒に理解のある好青年だと皆から信頼される教師でした。

一方で「裏表がありそう」と警戒する冴、その印象は間違っていませんでした。

 

新田は教育関係者を両親に持ち、幼いころからできの良い兄と常に比較されて育ったことに強いコンプレックスを持っています。

その経験から処世術を身に着け、「周囲によく思われる自分」と演じ続けてきました。

冴は新田の表情からその闇を見抜き、新田をもてはやす周りや両親ですら見ようとしなかった、新田の「本当の顔」を見つめるのです。

 

そして冴も幼いころより母親から「女の人生は男次第」という偏った価値観を押し付けられ、それに「自立した女になる」と強く反発していました。

文章を書くのが好きで小説を書いていますが母親には隠しており、大人びた雰囲気の裏になにか秘めたものがあります。

 

二人はそんなお互いの「裏に秘めた本当の顔」を共有することになるのです。

 

新田の前任教師が失踪した事件を期に二人はさらに絆を深め、特別な感情を抱くようになっていきます。

それを恋だと認めない新田、これは恋だと確信する冴。

思いは平行線のまま、二人は決別するのでした。

 

そしてこの先は第二部となる五年後、ひょんなことから二人は再会を果たします。

思い出される音楽室での出会い、あの頃の特別な感情は、五年たった今でも色あせず二人の中に残っていました。

そして二人の障害となっていた「教師×生徒」という関係はもうありません。

しかし、新田には妻がいました。

再会した二人に表れたのは「既婚者×独身」という新たな障害なのです。

 

そしてふたりの微妙で繊細な「セカンドパートナー」という純愛が、周囲を巻き込みながら「ディソナンス=不協和音」を奏でる。

その不協和音は恋と仕事おいて、あらゆる価値観をもつ周囲の人間にひずみを生み、ドロドロの展開になっていく…。

 

純愛とは純粋だからこそ、怖いのかもしれません。

これまでのドラマとは一線を画く、私たちの感情を揺さぶる令和の純粋×ドロドロ「純ドロ」ドラマ、必見です!

 

ここからは、1話ごとの詳しいあらすじをご紹介していきます!

【恋愛ディソナンス】1話ネタバレ

 

新田正樹はピアノ教室で講師をしていましたが、務めていたピアノ教室が倒産してしまいます。

突然職を失ってしまった正樹でしたが、音大の先輩で兄の恋人だった小坂由紀乃(筧美和子)から連絡が・・・

そして父親から逃れるため、新田は私立桐谷高校で音楽の教師をしていた由紀乃の後任の仕事を引き受けることにします。

これが全ての物語の始まりでした。

 

就任前夜、桐谷高校で教頭の影山(手塚とおる)に会った新田は、2年3組の副担任を任せられました。

その後、音楽室でピアノを弾き始めた新田でしたが、ピアノの下に隠れていた和泉冴と目が合います。

冴は仲間の朝比慎太郎(高橋優斗)たちと学校に忍び込み、あるものを探していましたが影山に見つかったため逃げてきたそう。

一度は冴を庇った新田でしたが、冴が事の詳細を話さなかったために教頭を呼んで裏切ります(笑)

 

次の朝、正樹は初出勤の際に職員と顔を合わせます。

そして、実は由紀乃は「一身上の都合」とだけ書いた退職届をメールで学校に送り、その後一切連絡がとれなくなったことが判明。

由紀乃の消息を知る者はいませんでした。

 

そして加賀美は2年3組の生徒たちに正樹を紹介し、小坂先生は病気療養中と告げます。

すると慎太郎が信用できないと反発しますが、新田は適当な嘘でその場を沈めてしまうのです。

その嘘を見破ったのはただ一人、和泉冴でした。

 

他人に興味のない新田、でもその本心に惹かれていく冴・・・

1話のラストにはお互いの不幸な運命から逃れるため、手を繋いで走り出すのです。

 

⇒『純愛ディソナンス』1話ネタバレ詳細

【純愛ディソナンス】2話ネタバレ

新田の前任の音楽教師、小坂由希乃が遺体で発見されるという衝撃の展開からスタートする2話。

警察は教職員から事情聴取を行い、残された由希乃の私物を回収していきました。

ここから事件や犯人に繋がる手掛かりは見つかるのでしょうか・・・

 

そして、嘘を隠しきれるはずもなく、生徒達も真実を知ることになります。

ショックを受ける冴、それでも死因はまだ調べないと分からないと冷静で他人事のような新田・・・

冴は新田の気持ちが理解できず、複雑な思いに苦しみます。

 

一方、新田の実家では、後継者問題がありました。

新田が自分の意思を告げると、殺人事件のことを取り上げて桐谷学校を批判する父・・・

しかし、父親は事件の被害者が出来合いしていた兄の恋人だった人物だと知りませんでした。

新田はそれについても思うところがあるようで、親子の関係は悪化していきます。

 

そして冴はと言うと、指定校推薦の話が持ち上がっていました。

しかし、ここには立ちはだかる壁がいくつも待ち受けているのです。

冴の不幸な運命と夢を持つ純粋な気持ちに惹かれていく新田ですが、二人に立ちはだかる試練は、その絆を強くすると共に、運命を複雑に狂わせていくことに・・・

 

>>『純愛ディソナンス』2話ネタバレ予想

【純愛ディソナンス】3話ネタバレ

小坂由希乃を慕っていた冴は、犯人が判明したことでさらに大きなショックを受けます。

そして犯人が担任の加賀美であることを知ってしまった冴の身に危険が迫ります…

新田は冴からの電話に残されたメッセージを聞いて学校へ戻り、慎太郎と共になんとか冴を救出。

 

追い込まれた加賀美が全てを語って屋上から飛び降りようとした時、新田がかけた言葉はかなり衝撃的でした…

そして現場にパトカーが到着します。

 

その後新田は学校を去ることに。

冴は慎太郎の力を借りて新田と最後に話をします。

さらに母の制止を振り切って音楽室へ…

 

ドラマ3話後半、舞台は5年後の2022年へと移ります。

冴はアルバイトの仕事で憧れる小説家のインタビューに同席することに。

なんと、小説家の正体は以前とは全く印象の違う碓井愛菜美でした。

 

一方教師を辞めた新田はかなりブラックな仕事をしていて、見た目も性格も別人のよう。

そして冴と運命の再会を果たすのですが、新田は冴が知っている相手と結婚していました。

 

慎太郎からの告白、そして新田との再会…

冴の人生が大きく変わりはじめます。

 

>>『純愛ディソナンス』3話ネタバレをもっと読む

【純愛ディソナンス】4話ネタバレ

冴は慎太郎と莉子とルームシェアをしながら、アルバイトをしていました。

ある日、冴は小説家の『美南彼方』として活躍している愛菜美と再会します。

そして、愛菜美が夫として紹介したのはまさかの正樹でした・・・!

正樹が愛菜美と結婚したこと、別人のように雰囲気も変わってしまったことで冴は眠れないほどショックを受けます(´・ω・)

 

冴はアルバイトしている「コアスパーク」でセカンドパートナーを探すためのマッチングアプリ「セカプリ」の新規登録者獲得を目的にイベント会社と組んでパーティーをしていました。

冴は社長の路加からパーティーについての意見を求められますが、相手がいるのに出会いを求めることが理解できず、否定的な意見を。

そんな冴の発言に路加は冴の考えは古いと言い、あることを仕掛けます・・・!

 

一方、正樹が務める「モノリスエステート」は管理しているタワマンの住人から会計報告書に偽造が見つかったことで賠償金3億円を求められていました。

しかし正樹は、住人側のリーダー的存在の医師・倉持の弱みを握り、そのまま事態を収束しようと動きます。

しかし、正樹は事件に巻き込まれてしまいます・・・

そしてその事件にはもちろん裏が。

 

正樹はその事件をきっかけに、自分のことを本当に思ってくれているのは冴だけだと気づいてしまうのです!

ついに動き出した正樹と冴の恋!?

4話では、冴と離れていた正樹の5年間も明らかに・・・!

 

>>『純愛ディソナンス』4話ネタバレをもっと読む

【純愛ディソナンス】5話ネタバレ

路加から、正樹が怪我をして入院したと聞いた冴は急いで病院に。

屋上にいた正樹を見つけた冴は、転んだだけだと笑う正樹に、心配していたので怒ってしまいます!

しかし、冷静になった冴は既婚者の正樹に対して自分が言っていることがおかしいと気づき、帰ろうとします。

そんな冴を正樹は抱きしめました・・・!

正樹はすぐ冷静になり冴から離れて謝りますが、その一部始終を見ていた人物が・・・( ゚Д゚)

 

別の日、愛菜美と加路はコラボ小説の打ち合わせをします。

愛菜美は、コラボ小説で主人公が結婚生活を守るためにセカンドパートナーを見つけるというアイディアをもとに案を出すことに。

その際に、次回の打ち合わせの日程を決めますが、正樹と愛菜美の結婚記念日にしたいという路加。

愛菜美は毎年結婚記念日の予定を空けているため断ろうましたが、路加はそれを聞くと記念日にこだわることを批判します。

 

その後、冴は愛菜美から食事に誘われました!

そこで、編集社に酷評をされた冴に愛菜美はまだ小説家の夢をあきらめないように助言。

さらに冴を愛菜美のアシスタントにしてくれるというのです。

 

そして5年前に正樹と冴が抱き合う写真を見つけ、正樹が教師を辞めた理由を知った路加。

モノリスエステートとのコラボ企画の話を正樹に持ち掛けます!

そして結婚記念日に正樹と泊まりがけでの、仕事の予定をいれたのです。

当日・・・路加の作戦により冴と正樹が2人きりに!?

2人はついに一線を越えてしまうのか・・・(´・ω・)

 

そしてシェアハウスには冴の母(富田靖子)が・・・!?

さらに、慎太郎は5年前に冴と正樹の写真を拡散した犯人を冴に話し・・・。

 

>>『純愛ディソナンス』5話ネタバレをもっと読む

【純愛ディソナンス】6話ネタバレ

5年前、正樹と冴の写真を拡散したことを知った冴は愛菜美のもとに・・・。

なんと、愛菜美はその犯人が自分だとあっさり認めました。

愛菜美が今まで親切にしてくれていたのは自分をコントロールするためだと知った冴。

正樹に愛菜美の本性を知らせようとしますが愛菜美の妨害に遭います。

 

正樹は路加とのコラボ企画の記者発表の準備をしていました。

路加は記者発表のタイミングでサービスが始められるように、リノベーションの完成を速めてほしいと依頼。

正樹は路加の要望に応えるために動き、業者にも依頼しました。

 

冴がコアスパークに出社すると、なぜかそこには母の静が( ゚Д゚)

冴は静を追い出そうとしますが、正樹にいまだに会っている冴のことが心配だと言い出すのです。

さらに冴が5年前からなにも変わっていないことを馬鹿にされてしまいます。

 

なんとか正樹と会う約束をした冴。

ついに愛菜美の本性を話しますが、正樹からの返事は予想外のものでした。

冴は正樹からの返事にショックを受けましたが、慎太郎が冴にかけたある言葉をきっかけに小説を書き始めます。

 

コアスパークとモノリスエステートのコラボ企画の記者発表の日。

時間になっても路加が現れません。

すると慌てた様子でスタッフがある映像を見せてきました。

そこにはなんと・・・。

そして愛菜美の裏切り・・・!?

 

>>『純愛ディソナンス』6話ネタバレをもっと読む

【純愛ディソナンス】7話ネタバレ

コラボ企画の準備を進めてきた正樹と路加でしたが、路加は記者会見当日に別の不動産会社と組むことを発表しました・・・!

路加に陥れられた正樹とモノリスエステート。

裏切られた賢治は路加に激怒し、正樹に路加を潰すように命令。

 

さらに正樹は愛菜美が今回の件を事前に知っていたのに黙っていたことを知り、愛菜美へ不信感を募らせていました。

そして、愛菜美が冴のメールを勝手に返していたことに気づいた正樹は愛菜美と言い合いになり、家をでることに。

 

コアスパークを訪れた正樹。

路加はモノリスエステートの下請け会社で働いていた頃、賢治から受けた仕打ちを忘れられず復讐の機会を狙っていたといいます。

愛菜美に近づいたのもすべて復讐のためだという路加。

さらに正樹に自分と組まないかと持ち掛けます!

 

モノリスエステートのあくどいやり口を調べていた路加は裏付けとなる証拠がほしいそう。

しかし正樹は断り、路加のある情報を仕入れます・・・!

 

一方、冴がごみ箱に捨てた小説を見つけた慎太郎たち。

冴に内緒で、新人小説コンクールに出しました。

しかし、コンクールの特別審査員の中には愛菜美が・・・。

 

コアスパークでアルバイトしている冴が正樹の昔の教え子であることを知った北都。

冴を使って路加の会社の内情を調べさせようと賢治に提案。

正樹はそれを阻止し、ある決意を・・・!

 

そして由紀乃の月命日でお墓参りに向かった正樹。

なんとそこには冴の姿がありました!

そして、再会した2人は・・・。

 

>>『純愛ディソナンス』7話ネタバレをもっと読む

【純愛ディソナンス】8話ネタバレ

正樹は愛菜美との離婚を決意。

冴のことを必ず迎えに行くと約束します!

そこに路加から、愛菜美がひったくりに遭い、頭を打って病院に運ばれたと電話が入ります。

 

正樹が病院に向かうと、愛菜美のそばには路加と警察官がいました!

警察によると、路加は愛菜美から連絡を受けて駆け付けたそうです。

路加のおかげで大事には至らなかった愛菜美。

 

治療を終えた愛菜美はマネージャーに連絡すると言い、席を外します。

2人きりになった路加と正樹。

正樹は碓井家に復讐するのは勝手だが、愛菜美を利用しないでほしいと伝えるのです。

しかし路加は、誰よりも愛菜美を利用して追い込んだのは正樹だと・・・。

 

シェアハウスに戻った冴は慎太郎に正樹のことが好きだと伝えます。

そんな冴を見た静は、正樹に依存していると冴を非難。

冴のことを自分の夫を奪った女と同じだといいます!

 

正樹は愛菜美を連れてマンションに戻ります。

そして翌朝、目を覚ますと朝食を準備していた愛菜美。

正樹に冴が必要なら、冴のことをセカンドパートナーとして認めると・・・。

しかし、正樹は再び出て行ってしまいます。

 

正樹は賢治に退職届けを出しに行きましたが、賢治がお別れ会を開くと言い出します!

そこで、離婚届けか辞職届どちらかを選べと言われた正樹。

正樹が選んだのは、離婚届けでした!

しかし、離婚の条件は5年後で跡取りを作ること。

するとそれを聞いた愛菜美は・・・。

 

正樹は就職活動をはじめ、ピアノ教室で働くことに!

しかしピアノ教室の壁に何者かが正樹を中傷する落書きを。

その文字を見た冴はシェアハウスに急いで戻りますが・・・。

 

8話ではついにシェアハウスにも不協和音が・・・!?

さらに小説が書けずに悩んでいた愛美が行方不明に!

 

>>『純愛ディソナンス』8話ネタバレをもっと読む

【純愛ディソナンス】9話ネタバレ

正樹が就職するはずだったピアノ教室の壁に何者かが正樹を中傷する落書きを・・・!

冴は慎太郎の靴に赤いスプレーがついていることに気づき、問い詰めます。

しかし莉子は、そんな風になるまで慎太郎を壊したのは冴だと非難。

慎太郎は自分がやったことは自分でケリをつけると冴たちに言い、住んでいるシェアハウスに立ち退きの話が出ていることを伝えます。

 

正樹はピアノ教室の経営者に落書きの件を謝罪し、すべて弁償すると申し出ますが職を失うことに!

そんな正樹を心配してやってきた冴。

正樹はすぐに新しい就職先を探すから大丈夫だと言いますが・・・。

 

モノリスエステートでは北都から愛菜美がいまだに見つかっていないと報告を受けた賢治。

どうしても家族に囲まれて死にたいと言う賢治に、北都は既に手は打ってあると言うのです!

 

正樹は不動産関係の仕事を探しますが、すでに賢治たちの手がまわっているため、すべて断られてしまいます。

落書きの件も賢治たちの仕業だと思い、モノリスエステートに抗議に行きます。

 

そこで北都から、冴たちが住んでいるシェアハウスが立つ土地の権利書を手に入れたと告げられます・・・。

さらに愛菜美が行方不明になったことも。

生活のためにも冴にとって大切なシェアハウスを守るためにも、モノリスエステートに戻るしか選択肢がない正樹、驚きの行動にでます!

 

コアスパークでは顧客データが外部に流出し、電話対応に追われていました!

内部から情報が洩れていて、社員IDを割り出すとまさかの人物が( ゚Д゚)

 

そのとき北斗には再びハーミットから電話が!

さらに正樹のもとには加賀美から手紙が・・・!

 

>>『純愛ディソナンス』9話ネタバレをもっと読む

【純愛ディソナンス】10話ネタバレ

正樹のもとに、服役中の加賀美から手紙が届きます。

手紙には意味深な言葉が・・・。

そこで加賀美と接見した正樹は、手紙の言葉の意味を訪ねます。

すると、加賀美は愛菜美との結婚や正樹が冴と交際していることなどに触れ、自分が言った通りになっていると言うのです。

さらに正樹を恨んでいる人物がいると|д゚)

 

一方、路加はセカプリの顧客情報流出の責任を取り、代表の座を退くことに。

冴は行方が分からない木之本が関係しているのではないかと路加に告げますが、社長をやることにも飽きたと言って、コアスパークを出ていってしまいます。

そして路加は愛菜美のもとに!

 

モノリスエステートで賢治は路加の謝罪動画を見て喜んでいました。

正樹は自分の役目は終わったので、もうモノリスエステートにいる必要はないのではないかと賢治に伝えます。

すると賢治は正樹に最後の仕事だと書類を。

書類の内容は正樹の父、秀雄が理事長を務めていた立秀学園の土地の売買契約でした・・・!

 

シェアハウスに戻った冴。

静が冴の部屋にいることに驚き、部屋を出ていこうとすると突然静が倒れました!

冴は、搬送された病院で静が3年前に胃がんの手術をしていたこと、去年再発したことを聞かされます。

 

そんな中、賢治からの指示を受けた正樹は5年ぶりに実家に行きます。

しかし、会っていなかった5年の間に父は・・・。

 

北都にモノリスエステートに連れていかれた冴。

そこで、賢治に渡されたのはなんと500万円!?

その後、正樹を呼び出した冴は、正樹とはもう一緒にいることができないと伝えます。

不思議に思った正樹はなにかを思いつき、モノリスエステートへ。

 

ハーミットの存在を知った正樹。

シェアハウスでハーミットについて探っているとあるものを見つけてしまうのです・・・。

そして再び加賀美の接見に行った正樹。

そこで5年前の事件の真相が明らかに・・・!?

しかし、そのとき冴が・・・( ゚Д゚)!

 

>>『純愛ディソナンス』10話ネタバレをもっと読む

【純愛ディソナンス】11話ネタバレ

正樹は、シェアハウスで見つけた晴翔の家族写真から晴翔が加賀美の息子だということを知ります。

今まで正樹と冴の仲を引き裂こうとしていた正体不明のハーミットも晴翔だということが明らかに・・・!

 

冴と一緒にいると晴翔から呼び出された正樹は急いで桐谷高校へ向かいます。

すると冴と晴翔は屋上に!

晴翔は家庭を壊して母親を死に追いやった由紀乃と、加賀美を追及した正樹を恨んでいていたと・・・。

そして冴と一緒に屋上から飛び降りたら正樹はなんて言うのかと、笑いながら冴に近づいていく晴翔( ゚Д゚)

 

桐谷高校に駆け付けた正樹は屋上で揉みあう冴と晴翔を見て急いで階段を上がります。

しかしそこで思わぬ人物が正樹の行く手を阻もうとします!

冴も隙を見て晴翔から逃れ、正樹の元に向かいますが揉みあいになっている2人に巻き込まれ・・・。

晴翔は5年前の殺人事件の容疑者として逮捕されました。

 

ネットではモノリスエステートがブラックだという悪い噂がでているようで、賢治は会見を開くことに。

そこで正樹は賢治をつぶすためある計画を立てますが、賢治は先に手を打っていました。

しかし会見を終えた賢治が愛菜美に呼ばれ会社に戻ると退職届けが残されていて、社員が誰もいません。

すると北斗や愛菜美は・・・。

冴は治療を辞めた静とのんびり旅行にいくことにしたようですが・・・。

 

>>『純愛ディソナンス』11話ネタバレをもっと読む

 

【純愛ディソナンス】ドラマ最終回結末はどうなった?

『純愛ディソナンス』の最終回結末ですが・・・

冴と正樹は無事に結ばれました!

5年越しの再会から離れたりくっついたり、本当に長かったですが冴と正樹は無事に結ばれて本当によかったですよね♪

ラストシーン、歩き出した2人を見てこれまでのことを思い出して感動してしまいました(:_;)

正樹は夢だったピアノ教室をオープン、冴も小説家を目指してがんばっていましたね!

 

冴ママの静も治療をあれだけ拒否していましたが、入院して前向きに治療を頑張ることに。

なんだかんだ冴と正樹のことも認めたんだと思います。

どちらにしても静の彼氏はかなりまともな人のようなので一安心ですね!

 

そして路加と愛菜美もめでたくくっつきました♪

とってもお似合いだったこの2人。

絶対にくっついてほしいという声も多かったので本当に良かったです。

 

それにしても愛菜美はかなり丸くなりましたね(笑)

正樹といた時の愛菜美とは完全に別人でした|д゚)

愛菜美は愛される方が向いているようですね!

 

そしてシェアハウスでは莉子は再び慎太郎のことを頑張る宣言していました♪

2人がどうなるか気になるところですが、慎太郎も莉子も幸せになってほしいですね!

慎太郎は晴翔のことも気にかけ、面会に行ったりと本当に最後まで優しいシェアハウスのママでした(:_;)

 

そして賢治も改心したのか?

11話のラスト、北斗にらっきょうをとってとお願いされていました(笑)

さすがの賢治も社員みんなが退職し、家族にまで見捨てられたときは相当ショックな様子でした。

これでモノリスエステートも生まれ変わるのでしょう(´・ω・)

 

『純愛ディソナンス』本当にハッピーエンドでよかったですね♪

ドラマがおわってしまうのはとっても寂しいですが、今後スピンオフを期待しましょう(^^)/

【純愛ディソナンス】あらすじネタバレまとめ

今回はフジテレビ系木曜22時、中島裕翔さん主演ドラマ『純愛ディソナンス』のあらすじネタバレ、最終回結末を紹介しました。

 

  • 放送開始日は2022年7月14日(木)22時から、初回15分拡大
  • 「教師×生徒」から「既婚者×独身」という禁断の関係を描いた、令和の純粋×ドロドロ「純ドロ」ドラマ
  • 「セカンドパートナー」という新しい関係性がポイント
  • 最終回結末はハッピーエンド

 

ついに最終回を迎えた『純愛ディソナンス』♪

感動の結末でしたね(´・ω・)

今後スピンオフがあることを期待しましょう!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました