【純愛ディソナンス】ネタバレ!最終回結末に号泣のあらすじとは

純愛ディソナンスネタバレ最終回結末 ドラマ
スポンサーリンク

今回は2022年7月より放送開始が決定した中島裕翔さん主演ドラマ『純愛ディソナンス』のネタバレ、最終回結末を紹介します!

『純愛ディソナンス』は「教師×生徒」「既婚者×独身」という禁断の関係に「セカンドパートナー」という新しい概念を加えた、令和の純粋×ドロドロ「純ドロ」ドラマ。

中島裕翔さんが初の教師役を務めることでも現在話題沸騰中です。

 

そんな『純愛ディソナンス』のネタバレ、気になる最終回結末は?

ドラマの基本情報やあらすじと共に紹介していきます!

【純愛ディソナンス】ドラマの基本情報

放送日時:毎週木曜22時~
放送時間:1時間(初回のみ15分拡大予想)
主演:中島裕翔、吉川愛
ドラマ主題歌:未発表(「Hey!Say!JUMP」の楽曲?)

『純愛ディソナンス』は「Hey!Say!JUMP」の中島裕翔さんが主演を務めるフジ2022年7月期、木10ドラマです。

これまで爽やかな役柄を演じる事が多かった中島裕翔さんですが、本作ではそのイメージを一新。

闇を抱える音楽教師、新田正樹(にったまさき)を演じます。

どこか大人びた雰囲気を持つヒロインの和泉冴(いずみさえ)を演じるのは、現在放送中のドラマ『明日、私は誰かのカノジョ』にも出演している吉川愛さん。

 

主題歌は現時点では発表されていませんが、主演を中島裕翔さんが務めることから「Hey!Say!JUMP」の楽曲が使われることが予想されます。

ドラマの雰囲気から、しっとりしたバラード曲になる予感^^

 

※公式Instagramのアカウントは今のことろ開設されていません。

【純愛ディソナンス】ドラマ放送開始はいつから?

純愛ディソナンスは2022年7月から放送が予定されていますが、放送日はまだ発表されていません。

初回拡大放送かどうかも未発表ですが…

『純愛ディソナンス』の放送開始日は2022年7月14日(木)22時から初回15分拡大になると予想します!

 

過去の7月期フジ木10ドラマの放送開始が

  • 2021年7月期フジ木10ドラマ『推しの王子様』は7月15日放送開始、初回15分拡大
  • 2020年7月期フジ木10ドラマ『アンサング・シンデレラ』は7月16日放送開始、初回15分拡大

であったことから、『純愛ディソナンス』の放送開始は2022年7月14日(木)22時から、初回15分拡大であると予想しました。

 

純愛ディソナンスとはどんな意味?

このドラマのタイトルには、ドロドロした意味が込められています!

  • 純愛=セカンドパートナー
  • ディソナンス=不協和音

を指しているのです。

 

まず、セカンドパートナーとは、恋のときめきを感じるために持つ二人目のパートナーのことです。

最後までプラトニックを貫く、不倫とは一線を引く関係性を指しています。

とても繊細な関係は壊れやすいのでしょうか?

それとも純愛の方が強いのか・・・

このあたりはドラマの見どころの一つになりそうですね^^

 

そしてディソナンスは不協和音を意味しますが、新田と冴の関係がもたらす周囲へのひずみを象徴した言葉と捉えられます。

破滅へ向かっていくということなので、心や恋愛がもたらす怖さがにじみ出たドロドロの展開が期待できます(*ノωノ)

【純愛ディソナンス】あらすじネタバレ

純愛ディソナンスあらすじネタバレ

物語の第一部は高校が舞台となっています。

音楽の新任教師としてやってきた新田正樹(中島裕翔)は出勤前夜、音楽室でピアノを弾いていました。

そこで新田はどこか大人びた女子生徒、和泉冴(吉川愛)と出会います。

この時、二人はこの出会いを何度も思い出すことになるなんて思わなかったでしょう。

二人の間に「特別な感情」が生れる事も…

 

新田の校内での評判は上々。

生徒に理解のある好青年だと皆から信頼される教師でした。

一方で「裏表がありそう」と警戒する冴、その印象は間違っていませんでした。

 

新田は教育関係者を両親に持ち、幼いころからできの良い兄と常に比較されて育ったことに強いコンプレックスを持っています。

その経験から処世術を身に着け、「周囲によく思われる自分」と演じ続けてきました。

冴は新田の表情からその闇を見抜き、新田をもてはやす周りや両親ですら見ようとしなかった、新田の「本当の顔」を見つめるのです。

 

そして冴も幼いころより母親から「女の人生は男次第」という偏った価値観を押し付けられ、それに「自立した女になる」と強く反発していました。

文章を書くのが好きで小説を書いていますが母親には隠しており、大人びた雰囲気の裏になにか秘めたものがあります。

 

二人はそんなお互いの「裏に秘めた本当の顔」を共有することになるのです。

 

新田の前任教師が失踪した事件を期に二人はさらに絆を深め、特別な感情を抱くようになっていきます。

それを恋だと認めない新田、これは恋だと確信する冴。

思いは平行線のまま、二人は決別するのでした。

 

そしてこの先は第二部となる五年後、ひょんなことから二人は再会を果たします。

思い出される音楽室での出会い、あの頃の特別な感情は、五年たった今でも色あせず二人の中に残っていました。

そして二人の障害となっていた「教師×生徒」という関係はもうありません。

しかし、新田には妻がいました。

再会した二人に表れたのは「既婚者×独身」という新たな障害なのです。

 

そしてふたりの微妙で繊細な「セカンドパートナー」という純愛が、周囲を巻き込みながら「ディソナンス=不協和音」を奏でる。

その不協和音は恋と仕事おいて、あらゆる価値観をもつ周囲の人間にひずみを生み、ドロドロの展開になっていく…。

 

純愛とは純粋だからこそ、怖いのかもしれません。

これまでのドラマとは一線を画く、私たちの感情を揺さぶる令和の純粋×ドロドロ「純ドロ」ドラマ、必見です!

 

【純愛ディソナンス】ドラマ最終回結末はどうなる?

純愛ディソナンス 最終回結末

漫画や小説を原作とするドラマがヒットしやすい昨今。

『純愛ディソナンス』は完全オリジナルのストーリーとなっています。

そのため結末を知るには放送を待つしかありません。

 

空前の不倫ドラマブームを起こした上戸彩さん主演の『昼顔』の結末は一緒になることを決意するも破局する二人が描かれました。

三浦春馬さん主演の『大切なことはすべて君が教えてくれた』の結末では惹かれ合いながらもお互いを遠ざけ生活を再生する二人が描かれました。

気になる『純愛ディソナンス』の結末はどうなるのでしょうか。

 

最終回、二人は結ばれないと予想します!

 

というのも物語に加えられた新たな概念「セカンドパートナー」とは、恋のときめきを感じるために持つ二人目のパートナーを指す言葉だからです。

このセカンドパートナーという言葉の意味を聞いて、「それって不倫と変わらないのでは?」と思う人も多いはず。

しかし「セカンドパートナー」はあくまで「セカンド」であり本命との仲を引き裂こうとすることはNG行為。

そして最後までプラトニックを貫く、不倫とは一線を引く関係性なのです。

 

それでも「相手の生活を壊そうとしない、プラトニックだから不倫じゃない」。

という二人の関係は、周囲の理解を得る事は難しいでしょう。

 

そして世間では「男の浮気は旅行」と言われるほど、「男性は他の女に目移りしても本命に帰る生き物」だとされています。

新田にとって本命とは誰の事なのでしょうか。

結婚をした妻なのか、コンプレックスを癒し「本当の顔」を見つめてくれる冴なのか…。

きっと「生涯忘れる事の出来ない女性」は冴。

「今の生活の一部になっている大切にするべき本命」は妻なのではないでしょうか。

 

以上の理由から新田は冴ではなく妻の元に戻る結末を予想しますが、二人ともどうか幸せになってほしい…。

そんな祈りをこめながらドラマの結末を待ちましょう!どんな結末でも号泣必至ですね。

【純愛ディソナンス】あらすじネタバレまとめ

今回は2022年7月より放送開始が決定した中島裕翔さん主演ドラマ『純愛ディソナンス』のあらすじネタバレ、最終回結末を紹介しました。

 

  • 放送開始日予想は2022年7月14日(木)22時から、初回15分拡大
  • 「教師×生徒」から「既婚者×独身」という禁断の関係を描いた、令和の純粋×ドロドロ「純ドロ」ドラマ
  • 「セカンドパートナー」という新しい関係性がポイント
  • 最終回結末予想は新田と冴は結ばれない

 

二人の関係を軸に、様々な人間の価値観がぶつかり合い生まれる不協和音を見て、私たちはどのような感情を持つのでしょうか。

新田はどちらの女性を選ぶのか、冴はその選択を受けどう変わっていくのか…。

 

ドラマの放送が待ちきれません!

コメント

タイトルとURLをコピーしました