【純愛ディソナンス】4話ネタバレ!あらすじ内容を詳しく紹介

純愛ディソナンス4話ネタバレ!あらすじ内容を詳しく紹介 ドラマ
スポンサーリンク

ドラマ『純愛ディソナンス』4話のあらすじ内容のネタバレをお伝えします。

 

新田正樹(中島裕翔)と和泉冴(吉川愛)の禁断の恋模様を描く、『純愛ディソナンス』。

2人の関係性が変わった第2部でも、曲者ぞろいの周囲の人間に正樹と冴は運命を左右されていきます。

高校時代には正樹を純粋に慕い、思わぬ形で正樹と再会した冴は自分の感情をどのような行動で正樹にぶつけていくのでしょう?

そして、再び心を閉ざした正樹はどう変わっていくのでしょうか?

 

この記事では、『純愛ディソナンス』4話のあらすじをネタバレしていきます!

ウラーノ占いアプリ

怖いほど当たる占いアプリ
今なら2,000円相当のポイントGET

【純愛ディソナンス】4話あらすじネタバレ

ドラマ『純愛ディソナンス』4話のあらすじ内容をネタバレします!

『純愛ディソナンス』4話は8月4日木曜、22時から放送されました。

 

愛菜美(比嘉愛未)と過ごしながらも、もしこれまで別の道を歩いてきていたらと考える正樹。

そんなことは考えても無意味だと思いながらも、そればかり考えてしまいます。

 

朝起きると愛菜美は正樹の持ち物からレシートをチェックしていました。

そして正樹に突然、ロイヤルミルクティーの女とは合わないと言います。

担当外してもらってという愛菜美にそのつもりだったと正樹。

(愛菜美に相当気を使いながら生活しているのがわかりました・・・(´・ω・))

 

一方冴は、正樹と愛菜美が夫婦だということを知ってから、ショックで眠れませんでした・・・

シェアハウスでは、冴のパソコンを莉子(畑芽育)が使っていた様子。

しかも、忘れられない恋について書いた冴の小説を勝手に読んでいました。

莉子は冴に美南彼方の影響だと、愛菜美のSNSを見せますがそこには正樹と愛菜美の仲のいい姿が。

 

何とも言えない表情をしていると、そこに新たなシェアハウスの住人、村上晴翔(藤原大裕)が登場します!

晴翔は19歳で上京したばかりのフリーター。

晴翔を見てイケメンだと莉子は騒ぎます!

 

冴がバイトするコアスパークでは、セカプリ登録者数を増やすためのイベントを行います。

冴は社長の路加(佐藤隆太)にイベントについて聞かれると、不倫を推奨するなんて信じられないと言います。

セカンドパートナーは理解できないという冴に路加は今の時代ならではの新しい恋愛の形だというのです!

 

一方、正樹の勤めるモノリスエステートではタワマンの住人たちから会計報告書に偽装が見つかったとして賠償金3億円を請求されます。

正樹はなんとかその場をなだめますが、社長の賢治(光石研)にどうにか事態をおさめろと言われます。

 

一方、美南彼方はセカプリの企画イベントを引き受けることに。

さらに愛菜美が路加に頼み、冴にもセカプリの企画に参加してもらうことになりました。

そこで、冴が小説家を目指していることを路加に言われてしまいます。

せっかくだから冴の小説を見てもらえばいいという路加に、愛菜美は自分には読んでほしくないだろうといいます。

そして、その理由を自分たちは因縁の仲だからというのです・・・

 

愛菜美を見送る時、冴は5年前に正樹に迷惑かけたことを謝ります。

すると愛菜美は、気にする必要ないと言います。

(このときの愛菜美、勝ち誇った顔をしていましたね。)

 

さらに小説家を目指しているなら知り合いの出版社も紹介してくれるという愛菜美。

喜ぶ冴に、かわりに買い物に付き合ってと言われて2人は出かけることに。

 

冴に服をプレゼントする代わりに自分の服を選んでほしいという愛菜美。

冴は愛菜美が普段あまり着ないようなワンピースを選びました。

そして愛菜美は小説家になる夢をサポートすると申し出ます。

 

シェアハウスに戻った冴はご機嫌で、慎太郎に新しいワンピースを見せます。

うかない表情の慎太郎に、冴は自分を変えたいという想いを口にするのでした。

 

さらにワンピースを買ってくれた人物は愛菜美で、美南彼方と同一人物だと教えます。

正樹と結婚したことも同時に知った慎太郎は驚きを隠せません。

(慎太郎は過去に問題になった正樹と冴の写真を拡散した人物が愛菜美だと知っているんですよね…)

 

ある日、路加は賢治と北都(和田正人)を見かけます。

路加はあいさつしますが、北都は無視!!

さらには暴言を吐かれ、渡した名刺を捨てられてしまいます・・・

 

場面は変わって、愛菜美は家に帰ってきた正樹に新しい洋服を2つ見せ、どちらがいいか聞きます。

迷っている正樹を愛菜美は揺さぶり、片方は冴が選んだことを伝えます。

平然を装っている正樹ですが、愛菜美は反応を楽しんでいる様子。

 

碓井家の食事会にも愛菜美は冴が選んだ服を着ていきます。

モノリスエステートは順調なようで、碓井社長はご機嫌で正樹のことを誉めます。

北都は自分のことを拾い物としては上出来と言われ、やきもきします。

 

別室で、北都は愛人の子なんだから正樹に負けないように頑張れという愛菜美。

北都は愛菜美の服について、愛菜美の趣味じゃないことを指摘します。

すると愛菜美は、楽しいおもちゃという表現を使って返事をしました。

(愛菜美・・・怖すぎます!)

 

愛菜美に紹介された編集者に小説を見せに行った冴。

しかし、評価は最悪でした。

 

落ち込む冴は、晴翔の歓迎会で愚痴ります。

晴翔と慎太郎に励まされますが、慎太郎の一言で告白されたことを思い出し、気まずい空気に…

莉子たちも違和感を覚えている様子でした。

 

一方、正樹は碓井社長にタワマンのリーダー的存在の医師、倉持について話を振られます。

まだ何も掴んでいないという正樹に、社長は圧力をかけます。

弱みがない場合にどうすべきか、かなりブラックな要求まで…

 

家に帰った正樹は音楽を聴きながら冴のことを考えます。

ここで5年間の回想シーンが始まります!

 

正樹は学校を退職後、肉体労働をしていました。

しかし、そこで冴との画像のことで馬鹿にされ、トラブルになった正樹は警察へ。

 

そんな時、愛菜美が正樹の力になりたいと、示談金を用意してくれたのです。

さらに正樹のことを父親に紹介し、モノリスエステートで働くことに。

そしてその後、正樹と愛菜美は結婚したのでした。

 

愛菜美に声を掛けられ、現実に戻った正樹。

正樹が冴のことを考えていると気づいたのか、愛菜美は冴が選んだワンピースをしばらく見つめたあと、なんとワンピースのボタンを引きちぎります( ゚Д゚)

 

モノリスエステートについて調べていた路加。

美南彼方が賢治の娘だということ、さらには正樹と冴の写真を見てしまうのです・・・。

路加はにやりと笑います。

 

セカプリのイベントに現れた正樹。

それに気づいた路加は休みの冴に仕事を言いつけて呼び出します。

 

冴はドレスコードがあると聞き、愛菜美に買ってもらったワンピースを着ていきます。

冴は受付で書類を渡そして帰ろうとしますが、編集者に言われた言葉を思い出し、悔しくなって会場に入ってみることに・・・

 

早速、冴は男性に言い寄られます。

冴は嫌がっていますがしつこく話しかけてくる男性・・・

すると正樹が助けに!

(ここは胸キュンシーンでしたね(/ω\))

 

冴は正樹に助けてもらったお礼を言いますが、振る舞いがヘタだと指摘してくる正樹…

冴は正樹に、結婚しているのにセカンドパートナー探しなんて、と言い返しました。

 

そして冴は5年前に迷惑かけたことを正樹に謝ります。

過去の出来事を気にしない様子の正樹に、冴は自分の今の気持ちを伝えるのです!

そして、当時正樹がどんな気持ちだったのか知りたがる冴…

正樹が答えを言いかけたとき・・・路加が登場!

 

冴帰ろうとすると、外に慎太郎が迎えにきていました。

足が疲れて歩けないという冴に慎太郎はおんぶしてくれます(/ω\)

そして、慎太郎は告白の返事を聞きくのですが、冴はまた曖昧な返事をしただけでした。

 

その頃、愛菜美は冴を紹介した編集部の担当者から小説の酷評を聞いて笑いが止まりません。

そこに路加が現れ、パーティーに正樹がきていたこと、さらに冴もそのパーティーに来ていたことを話します。

 

一方、正樹は尾行していたタワマンでついに倉持の浮気の証拠写真を撮ることに成功!

しかし、その瞬間見知らぬ男性に囲まれ、ボコボコにされてしまったのです!

さらに証拠の写真が入った携帯も取られてしまいました。

 

正樹は入院。

病院に来た賢治に証拠をとられしまったことを謝ります。

すると…北都に自分が殴られている動画を見せられました。

(正樹ははめられたんですね)

何とも言えない表情をする正樹。

 

その頃、冴は正樹のこと路加から聞き、急いで病院へ。

正樹が病室にいないと分かると病院をかけ周り、屋上でその姿を見つけます。

 

心配する冴に正樹は転んだと説明しますが、冴は心配だったと怒ります(´・ω・)

しかし冴は冷静になり、自分の行動は変だと帰ろうとしますが、正樹はそんな冴を抱きしめます!

(ついに・・・(/ω\))

そして正樹は自分の世界で冴だけが救いだと再確認するのです!

 

というところで4話が終わりました。

4話でついに動き出した2人の恋・・・

しかし、2人の恋はうまくいくはずがありませんよね。

そして5話では路加と愛菜美が・・・!?

もう気になりすぎて、来週が待ちきれませんね(´・ω・)

 

➡『純愛ディソナンス』5話ネタバレを読む

⇦『純愛ディソナンス』全話ネタバレに戻る

ウラーノ占いアプリ

怖いほど当たる占いアプリ
今なら2,000円相当のポイントGET

【純愛ディソナンス】4話感想と考察

ドラマ『純愛ディソナンス』4話の感想と考察についてお伝えします。

 

いやー4話も見どころ盛りだくさんでしたね。

空白だった正樹の5年間も明らかになりました!

 

正樹が愛菜美と結婚したのには、ちゃんと理由があったんですね。

示談金を肩代わりして就職先まで決めてもらえたら、もう愛菜美と結婚するしかなくなりますよね。

それでも正樹からプロポーズしていたのには驚きでした!

しかし、写真拡散したところから愛菜美の計画だったのでしょうか?

 

そう考えると愛菜美が恐ろしすぎる・・・

でも、あんな父親のもとで育ったらそうなってしまうのも分かりますよね( ゚Д゚)

幻想の自分と現実の自分・・・深いですねー。

正樹は普段から愛菜美に対して相当気を使っていましたね!

しかし、仕事でも賢治にあれだけプレッシャーをかけられて、正樹が心安らぐ場所はありませんよね・・・(:_;)

 

しかし、正樹は幼いころから優秀な兄と比べられていてそれがコンプレックスだったので、賢治に評価されることでも自分を保てていたのかもしれません。

それなのに倉持の件で正樹は暴行にあってしまいますが、それは賢治が手回ししていました。

賢治、本当に許せませんよね!どこまで悪魔なんだ・・・

これには正樹も相当ショックを受けたのではないでしょうか。

 

そんなときに冴があらわれたら正樹もコロッといってしまうにきまってます(´・ω・)

そして、4話のラストではついに正樹が冴が抱きしめました!

これを待ってましたー(/ω\)

これにはもちろんSNSでも大盛り上がり!

イベントで冴が男性に絡まれているのを助けた正樹。

その時、さりげなく腰に手を回す正樹もかっこよすぎました・・・!

それだけでも胸キュンしてしまうのに、4話のラストではバックハグも・・・(/ω\)

これには悶絶の声・・・。

そんなことされたら正樹を忘れられるわけありませんよね!

そして本当はいけないのは分かっていても、2人を応援してしまいます!

お願いだから無事にくっついてほしい(:_;)

Twitterでは光石研さんの話題でも盛り上がっています!

『純愛ディソナンス』での光石研さんは『Nのために』での冷酷な毒親ぶりを思い出すシーンばかりです…。

『六本木クラス』での光石研さんがとの振り幅がすごすぎますよね(笑)

光石研さんの演技力・・・恐るべし( ゚Д゚)

 

また、ドラマの世界観に関して、人気ドラマに似ているという感想が多く見られました!

このように、『最愛』、『Nのために』に似た感じで良い!という意見が多く見られました。

筆者も首がもげるほど、うなずいちゃいます!!

『最愛』と『Nのために』は、どちらも主人公が辛い家庭環境にありながらも、力強く自らの道を切り開くという点で『純愛ディソナンス』に似ています。

また、3つのドラマに共通するのが、『誰かを守るために自らを犠牲にする切なさ』を描いている点です。

『純愛ディソナンス』は心の闇を抱えた人物が多く出ているのですが、今後はその心の闇が冴と正樹の関係のために一度は深まってしまうのかもしれません。

しかし、何人かはそれを乗り越えて心の闇を消化していくのではないかと考察します。

1人でも多くの人が救われるラストを迎えて欲しい、と願わずにいられません。(´;ω;`)ウゥゥ

 

こんなに魅力的なドラマなので、ぜひたくさんの人に見てもらいたいな~、と思います!!

 

➡『純愛ディソナンス』5話ネタバレを読む

⇦『純愛ディソナンス』全話ネタバレに戻る

ウラーノ占いアプリ

怖いほど当たる占いアプリ
今なら2,000円相当のポイントGET

【純愛ディソナンス】第四話ねたばれ内容まとめ

ドラマ『純愛ディソナンス』第四話ねたばれについてお伝えしました。

内容をまとめると、下記の通りです。

  • 『純愛ディソナンス』4話あらすじのネタバレ
  • 『純愛ディソナンス』4話の感想と考察

”セカンドパートナー”という新しい関係性について描かれていく、『純愛ディソナンス』第2部も目が離せませんね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました