【石子と羽男】親子で名字が違う・敬語はなぜ?本当の父親じゃない?

石子と羽男のさだまさしは本当のお父さんじゃない? ドラマ
スポンサーリンク

ドラマ『石子と羽男』の石子と綿郎は親子で名字が違う、敬語はなぜ?綿郎は本当の父親じゃないのかについてお伝えします。

 

TBS系金曜22時ドラマ『石子と羽男』。

主演の有村架純さん演じる石田硝子と、さだまさしさん演じる石子の父親の潮綿郎。

2人は親子なのになぜ名字が違うのか、なぜ石子は父親の綿郎に対して敬語を使っているのか?

綿郎は石子の本当の父親なのか、気になっている方も多いのではないのでしょうか?

 

そんな気になる点を、調査しましたのでご紹介していきます!

ドラマ石子と羽男

\Paravi公式サイト/
▲▲「凪のお暇」「中学聖日記」も見放題▲▲

【石子と羽男】石田硝子と潮綿郎の苗字が違う理由は?

『石子と羽男』の石子と父親の綿郎の名字が違う理由は、綿郎と石子の母が離婚しているからです!

綿郎と石子の母は、石子が中学に上がる前に離婚しています。

石子は母親に引き取られたため、綿郎とは名字が違ったんですね!

 

有村架純さん演じる石子の名字は石田

さだまさしさん演じる綿郎の名字はです。

石田は石子の母の姓なんですね(´・ω・)

 

\Paravi公式サイト/
▲▲「初めて恋をした日に読む話」も見放題▲▲

【石子と羽男】石子が父親に敬語を使う理由は?


石子と綿郎は一緒に暮らして3年経ちますが、いまだに敬語を使っています。

なぜ親子なのに敬語を使うのか?

綿郎は1話で塩崎(おいでやす小田)に石子と暮らして3年経つのにまだ敬語だなんて、距離があると少し寂しそうに話していました(´・ω・)

他にも、綿郎に対してウソ泣きする石子を見ると普段のサバサバしている石子との違いがよくわかり、距離を感じます(笑)

 

綿郎と石子は離婚後はあまり会っていなかったのでしょうか?

離婚してから3年前まで、あまり会っていなかったなどの理由があれば距離があっても不自然ではないですよね。

離婚した理由は現時点では明らかになっていません!

しかし、綿郎の性格だと不倫やDVなどは絶対しないでしょうし、円満離婚しているイメージがあります。

 

そうなると石子は父親だけど上司であり、弁護士としての綿郎を尊敬しているため、敬語を使っているのかもしれません!

 

【石子と羽男】父娘は本当の親子じゃない?

石子と綿郎は本当の親子の可能性が高いと思います!

石子の母と綿郎は石子が中学にあがるころ離婚しました。

 

もし、石子の母が綿郎と結婚する前に誰かと結婚していて石子を出産していたら綿郎と石子は血が繋がっていないという可能性もありますが・・・

現時点では、石子と綿郎は本当の親子という可能性が高いのではないでしょうか?

また、新しい情報が入り次第更新していきます!

 

【石子と羽男】母親の死因は?

石子の母親は他界しています。

母親の死因は何なのか気になるところですが、現在のところ理由については判明していません。

事故なのか?病気なのか…?

 

石子が綿郎と一緒に暮らし始めたのは3年前

石子は現在28歳のため、25歳のころから綿郎と暮らし始めたことになります!

それを考えると、母が亡くなったのは3年前でそこから綿郎と一緒に暮らし始めたという可能性が高いと思います。

 

石子の28歳という年齢を考えると母親が亡くなったのは60歳前後です。

2話でシングルマザーの母が息子を進学塾に通わせるために、ダブルワークをして働いている姿を見て他人事とは思えず力になりたいと思った石子。

母子家庭で受けることができる手当などを調べ、教えてあげていました。

そして、自分が母親になにもできなかったこと、無理させてしまっていたことを悔やんでいましたね・・・

 

そんな石子を見ると、石子の母親は石子を弁護士にするため必死で働いていたのだと思います。

石子の母は病院に行く暇を惜しんで働いていたので、病気に気づかずに進行してしまったのではないでしょうか?

または、過労によるストレスから倒れてしまった・・・?

 

しかし『石子と羽男』のプロデューサーの新井順子さんと演出の塚原あゆ子さんペアが過去に担当したドラマ『アンナチュラル』では・・・

主人公の三澄ミコト(石原さとみ)の家族はミコトが幼少期に一家心中。

そして、ミコトだけが生き残るという辛い過去が。

 

そのことを考えると、ただの病気ではない可能性も・・・!?

こちらも新しい情報が入り次第、更新していきますね(´・ω・)

 

ドラマ石子と羽男

\Paravi公式サイト/
▲▲「凪のお暇」「中学聖日記」も見放題▲▲

【石子と羽男】さだまさしは有村架純の本当のお父さんかまとめ

ドラマ『石子と羽男』の石子と綿郎はなぜ親子で名字が違うのか?敬語はなぜ?本当の父親じゃないかについてお伝えしました。

 

  • 綿郎が石子の本当の父親の可能性が高い
  • 石子の母と綿郎は石子が中学にあがるころ、離婚している
  • 名字が違う理由、敬語を使う理由をご紹介

 

『石子と羽男』の石子と綿郎の過去は少しづつ明らかになってきていますがまだまだ気になる点も・・・

新しい情報が入り次第、こちらも更新していくのでぜひチェックしてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました