木下礼夢が今井礼夢に改名?今井絵理子息子の斜視は障害と関係ある?

エンタメ
スポンサーリンク

今井絵理子の息子である今井礼夢(らいむ)くんが木下礼夢から名字を改名した理由、インスタグラムやツイッター、斜視は障害と関係あるのかについてお伝えします。

元SPEEDで政治家の今井絵理子さんは息子である礼夢(らいむ)くんに障害があることを公表しています。

障害は先天性難聴で、礼夢くんは生まれつき耳が聞えません。

2008年に放送された24時間テレビでは、障害と向き合う親子の姿が映し出されていました。

現在プロレスラーとなった木下礼夢改め今井礼夢くんについて、気になる名字の変更改名やインスタ・ツイッター、現在の障害や斜視について詳しく調べました。

今井絵理子の息子今井礼夢のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

今井礼夢(@raimman16)がシェアした投稿

  • 名前:今井 礼夢(いまい らいむ)
  • 生年月日:2004年10月18日 16歳(2021年4月現在)
  • 出身:東京都
  • リングネーム:RAIMMAN(ライムマン)
  • 所属:プロレスリングHEAT-UP(2020年12月7日デビュー)
  • 家族:母は今井絵理子、父は175R(イナゴライダー)のSHOGO、両親は2007年に離婚しており、その後母子家庭で育つ。母今井絵里子には以前不倫が報じられていた元神戸市議の橋本健氏との同棲報道も出ているが真相は不明。

今井絵理子の息子が木下礼夢から今井礼夢に改名した理由

礼夢くんは、以前は木下礼夢と名乗っていたのですが、現在は今井礼夢を名乗っています。

時期は不明ですが、最近のことのようなのでプロレスラーとしてデビューする時に改名しているのかもしれません。

また、実際に戸籍上の名前がどちらになっているかは分かりません。

ちなみに「木下」は父であるSHOGOさんの本名です。

親が離婚した時の子供の名字や戸籍の問題は少し複雑です。

親権が母親でも、結婚する時に「木下」の姓を選んでいると、離婚して「木下」から除籍されるのは母親だけで、子供は「木下」の戸籍に残ります。

家庭裁判所に届け出る等して名字を母親の旧姓に変更する方法もありますが、元夫に反対されて叶わないケースも多いそうです。

しかし、法律上15歳以上になると子どもの意思で名字変更の申し立てができるそうなので、このタイミングで「木下」から「今井」に変更したのかもしれません。

プロレスラーとして活躍したいのなら尚更、女手ひとつで育ててくれた有名なお母さんの名前を使う方が礼夢くんにとっても良さそうです。

今井礼夢の高校はどこ?

 

この投稿をInstagramで見る

 

今井絵理子(公式)(@erikoimai0922)がシェアした投稿

礼夢くんは2020年3月に東京都立立川ろう学校の中学部を卒業しています。

立川ろう学校には高等部もありますが、こちらには進学せず、最終学歴は今のところ中卒です。

理由はプロレスラーになりたいからとのことで、卒業後にプロレスリングHEAT-UPに入門しています。

そしてその言葉通り2020年10月にプロテストに合格、12月にデビューを果たしています。

デビュー戦は敗れてしまいましたが、試合後の報道陣の取材にも手話で応じています。

聴覚障害というハンデがありながら、夢を叶えた姿はとても輝かしいですね。

今井礼夢のインスタグラム

 

この投稿をInstagramで見る

 

今井礼夢(@raimman16)がシェアした投稿

こちらは今井礼夢くんのインスタグラムの投稿です。

フォロワーは2021年4月時点で3000人を突破しています。

お母さんの今井絵理子さんは礼夢くんとの写真を時々SNSにあげていますが、礼夢くんの方はお母さんとの写真はほとんど載せていません。

アカウント名もリングネームですし、プロレス一色という感じですね。

今井礼夢のツイッター

礼夢くんはTwitterのアカウントも運用しています。

こちらもプロレス中心ですが、トレーニングの様子や他の選手との交流の様子なども少し見られますね。

今井礼夢の障害はボクシングに影響しないの?

礼夢くんの障害は、先天性高度感音性難聴と言い、生まれつきのものです。

このタイプの難聴は遺伝性、または妊娠中の感染症(風疹等)が原因とされていて、治療は難しいそうです。

音が全く聞こえない他、人より三半規管が弱いため、体のバランスが取りにくいと言われています。

礼夢くんにもこの症状は出ていて、歩けるようになったのは2歳を過ぎてからだったそうです。

そんなハンデがある中、プロレスラーになるなんて本当にすごいですよね。

ちなみにプロレスラーのテストは縄跳び5分、スクワット500回、腕立て50回x3セット、腹筋50回x3セット、背筋50回x3セットを達成できるかという内容です。

体力もかなり必要そうですが、体のバランスが取りにくいというハンデは乗り越えていないとクリアできない課題ですので、礼夢くんの努力が伺えますね。

実際の試合となると更にハンデは大きいのかもしれませんが、今のところ本人はそれを口にしていないようです。

動画にあるように、入場のタイミングが分からなかったり、周りとのコミュニケーションが取りにくいことにもやりづらさはありそうですね。

こういった面で、やはり人より努力は必要そうです。

でも、だからこそ強くなりたいという気持ちもあるのかもしれません。

是非今後も頑張ってほしいです!

今井礼夢の斜視は難聴の障害と関係ある?

 

この投稿をInstagramで見る

 

今井礼夢(@raimman16)がシェアした投稿

今井礼夢くんは斜視なのか、視覚にも障害があるのかという点ですが、確かに左目が内斜視のように見えます。

症状は幼少期の映像を見ても確認できるので、先天性のものかもしれません。

斜視は両目を使って物を見て情報処理するという働きが上手くいっていない為、物の立体感が分からなかったり、物が二重に見えたりするそうです。

結果として斜視である方の目は視力が弱くなってしまうことも多いとのこと。

また、斜視の人は普通の人に比べて見ることに疲れを感じやすいそうです。

斜視は子供の頃から手術や治療が可能な病気ですが、一度は治ったけど再発したというケースも多いんだとか。

礼夢くんの斜視については何も公表されていませんが、症状には個人差があるとは言え、何かしら見えづらさはありそうですね。

斜視は聴覚障害とは別の病気ですが、礼夢くんの斜視が生まれつきのものであれば、先天性の異常という共通点はあります。

まとめ

今井絵理子さんの息子である礼夢(らいむ)くんの高校やインスタグラムとツイッター、斜視は障害と関係あるのかについてお伝えしました。

結論をまとめると、

  • 礼夢くんは高校には通っていない
  • インスタはリング名RAIMMANで運用している
  • Twitterは今井礼夢で運用している
  • 斜視は聴覚障害とは別の病気だがおそらく先天性異常という点は共通

ということでした。

ハンデを抱えながらプロレスラーとしてデビューを果たした礼夢くんは障害を持つ人だけでなく、多くの人に勇気と希望を与えています。

今後の活躍、活動に期待したいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました