ファンモンDJケミカルの修行内容!法蓮寺の住職って普段何してる?

エンタメ
スポンサーリンク

ファンモンDJケミカルの修行内容!法蓮寺の住職って何してる?についてお伝えします。

2021年3月11日、FUNKY MONKY BABYS一夜限りの復活が話題となっています。

2013年に解散したFUNKY MONKY BABYSですが、ファンキー加藤さんとモン吉さんの活動はご存知の方も多いと思います。

一方、DJケミカルさんは芸能界を引退する形で実家のお寺を継ぐための準備をすると発表していました。

一般人になってしまうとその日常を追うことは難しいのですが、ケミカルさんの実家は有名ですので、修行内容や法蓮寺の住職って普段何してるの?という疑問について調べてみました。

ちなみに、ケミカルさんの過去のDJプレイや学歴については別の記事で詳しく紹介しています。

DJケミカルの実家は八王子の法蓮寺で宗派は時宗

ケミカルさんの実家は八王子にある法蓮寺です。

市内では一番古いお寺で、宗派は時宗だそうです。

時宗は、一遍上人と真教上人の教えを基に、名号「南無阿弥陀仏」を拠りどころにする浄土門の一流です。

時宗の僧侶になるためには、時宗宗学林という機関に入り、様々なことを学ぶ必要があるそうです。

また時宗宗学林入学と同時に総本山で1年程の修行が必須とのことなので、ケミカルさんが音楽活動を続けていくのはやはり難しかったようです。

授業科目としては、宗制、宗規、仏教学、時宗概説、時宗史、経典解説、実践仏教、法式声明、法式作法、布教伝道、書道等を学びます。

総本山での修行

時宗の総本山は、藤澤山 無量光院 清浄光寺(とうたくさん むりょうこういん しょうじょうこうじ)です。

実はここ、知っている人も多いはず!

別名「遊行寺(ゆぎょうじ)」の名で親しまれているこのお寺は、箱根駅伝でお馴染みです。

「遊行寺の坂」は箱根駅伝コースの注目ポイントとされていますよね。

テレビ中継でもいつもお寺が映っています。

先に述べた通り、ここでの修行は1年程で、すでにケミカルさんは修行を終えているようです。

修行の詳細までは載っていませんでしたが、遊行寺の公式Facebookによると、修行僧は一日の大半の時間を掃除に割いて生活をしているとのことでした。

一般的に見習いの期間は他の僧侶よりも早起きをして掃除をしたり食事の準備を行い、葬儀や法事の際は住職に同行、時間を見つけて読教の練習等をしていくそうです。

僧侶は一に掃除、ニに勤行(毎日のおつとめ)、三に学問なのだそうです。

もちろん自由な食事や外出はできませんし、決まり事もたくさんあるそうなので厳しい日々でしょうね。

また、ここで同時に学習していたかは分かりませんが、時宗宗学林での授業科目としては、宗制、宗規、仏教学、時宗概説、時宗史、経典解説、実践仏教、法式声明、法式作法、布教伝道、書道等があります。

ネパールでの修行

ネパールでの修行については、修行に行ったこと自体はメディアでも取り上げられているのですが、残念ながら詳しいことは分かりませんでした。

仏教の開祖であるお釈迦様の故郷が今日のネパール領内にあったことから、ネパールは仏教の聖地とも言われているそうです。

詳細は分かりませんが、きっとその世界では有名な修行寺があるのでしょうね。

修行の順番としては総本山での修行よりもこちらが先との情報も目にしました。

住職の仕事は読教や説教、お墓の管理など

こちらの画像はケミカルさんが僧侶になってからEテレに出演した時のものだそうです。

先に説明しておくと、ケミカルさんが法蓮寺の住職になったかどうかは調べても分かりませんでした。

しかし、実家の後継ぎということなので、ある程度の修行を終えて一人前と認められ、お父様が住職の座を降りるとなった時に、正式に住職となることが予想できます。

ちなみに、元々FUNKY MONKY BABYS活動中から週末等にアルバイトで副住職としてお経をあげていたという情報もあります。

ケミカルさんのお経は上手だと地元では評判なんですって!

お経って声やテンポ等音楽的要素が強いですから、彼の音楽経験はとても良い影響を与えているようですね。

 

では、住職の仕事内容はどんなものなのかを紹介していきます。

一般的によく知られているように住職や僧侶の主な仕事は、葬儀や法事などでお経を唱えたり、説教をすることです。

また、日々のおつとめ、お墓の維持や管理、境内に眠る故人のための読経や写経、地域のイベントや憩いの場としての開放に付随した仕事等があります。

そして修行に終わりはなく、境内や寺院内の清掃、質素な食生活など日常生活の一つひとつが自身の鍛練につながる修行の一環となっており、修行とは生活そのものとも言えそうです。

宗派やお寺、個人によっても仕事や生活の内容は異なりますが、なんとなくケミカルさんの生活がイメージできましたでしょうか。

FUNKY MONKY BABYSとして活動していた時とは違う世界を生きているんだな、と私は感じました。

元々お寺の息子とはいえ、華やかな音楽、芸能の世界からの転身はかなりの精神力が必要そうです。

FUNKY MONKY BABYS時代もいつかは実家を継ぐと周囲にも伝えていたそうですが、実際に成し遂げることは容易ではないので、頭が下がりますね。

まとめ

ファンモンDJケミカルの修行内容や法蓮寺の住職は普段何してる?という疑問について解説しました。

簡単にまとめると、修行は遊行寺に1年、ネパールにも行っていたそうです。

そして住職になったかどうかは分かりませんが、葬儀や法事の他にも日々のおつとめやお墓の管理、等をしながら日々修行(掃除や質素な食生活等)を続けているようです。

調べてみて、FUNKY MONKY BABYSの完全復活はなさそうだなということも分かりました。

個人的にはとても残念ですが、自ら選んだ道で輝いて欲しいです。

コメント

  1. […] ケミカルはグループ解散後、ネパールや総本山での修行を終えているとのことなので、すでに僧侶にはなっています。 […]

  2. ファンモン活動再開にDJケミカルがいない理由は?なぜ二人だけなのか解説 | こゆるぎらいふ より:

    […] そして、2013年にファンモンが解散した後、DJケミカルは修行をして実家のお寺で住職としての仕事をしています。 […]

  3. […] 現在住職をしているという情報はよく知られていますが、名前を知らなかったという人も多いようですね。 […]

タイトルとURLをコピーしました