フィーノを毎日使うとどうなる?トリートメントの順番や正しい使い方

美容
スポンサーリンク

毛先まできれいな髪になる、と評判の

フィーノ(fino)プレミアムタッチ浸透美容液ヘアマスクは、

2005年に資生堂から発売されたロングセラーのインバストリートメントです。

 

フィーノのトリートメントを毎日使うとどうなるの?

トリートメントを使う順番正しい使い方は?

そんな疑問にお答えするために、

フィーノ プレミアムタッチ浸透美容液ヘアマスクについて調べました!

 

正しい使い方を知って、きれいなツヤツヤの髪を手に入れてくださいね!

 

フィーノヘアパックの正しい使い方と順番

fino公式サイトで紹介されているフィーノヘアパックの正しい使い方順番は、

  1. シャンプー後に適量(セミロングの人でティースプーン2杯程度)を、
    傷んだ髪の中心部分になじませる
  2. すぐにヘアパックを洗い流す
    (放置時間0分でも充分な効果あり)

と、なっています。

 

ヘアパックが髪を保湿してキューティクルを補修し、グロス成分が髪の表面に広がります。

つまり、髪に栄養を与えるトリートメントと髪をコーティングするリンスの作用を、

フィーノヘアパックひとつで行えるのです。

2ステップで髪のスペシャルケアまで完了するので、とても簡単ですね!

 

放置時間は0分で充分ですが、髪の傷みが酷い方は、5~10分放置しても良いでしょう。

放置時間よりも重要なポイントは、傷んだ部分にしっかりヘアパックを馴染ませることです。

包み込むように両手でヘアパックを髪に馴染ませ、内部まで美容成分を浸透させましょう。

 

裏ワザとしては、髪の傷みが酷い方は、シャンプーの後、

軽く髪の水分をタオルで拭き取ってからヘアパックをすると、

成分が薄まらないので、より高い効果が期待できます。

 

また、頭皮に洗い残しがあると油分が過剰になり、

髪がぺったんこになったり、ベタつく原因になるので、すすぎはしっかり行いましょう。

 

フィーノのあとにトリートメントやリンスはしない方が良い?

フィーノヘアパックのあとにトリートメントやリンスはする必要がありません

パック後にトリートメントをしても、髪の表面がベタベタしてしまいます。

リンスやコンディショナーも少しベタつきを抑える程度の効果しかないので、

わざわざ使う必要はないでしょう。

 

フィーノヘアパックをすぐ流すとどうなる?

フィーノヘアパックは塗ってからすぐに流しても充分に効果を発揮します

初めてこの商品を使う方は、まずはすぐに洗い流す方法をお試しください。

その上で効果が物足りないと感じた場合は、5~10分程度放置してみましょう!

 

フィーノヘアパックの男性におすすめの使い方

男性におすすめのフィーノヘアパックの使い方は、基本的には女性と同じです。

ただし、髪の根元までしっかり洗い流すよう注意してください。

一般的に、男性は頭皮の皮脂の分泌量が多いため、

洗い残すと女性よりもベタつきのリスクが高くなります。

 

フィーノヘアマスクの使用頻度は何日おきがベスト?

髪の傷み具合にもよりますが、フィーノヘアマスクは3~4日おきに使うのがベストでしょう。

fino公式サイトによると、使用頻度の目安は週1~2回となっています。

健康な髪の人が使うのなら週1回で充分ですが、

髪の傷みが気になる方は週2回程度使いましょう。

 

ブリーチやパーマなどで髪の傷みが酷い人は、使用頻度を少し増やしても良いかもしれませんが、

髪がごわつく、ベタつく、ぺったんこになるなど、

髪の状態に悪い変化が出た場合は使用頻度を減らしましょう。

 

フィーノヘアマスクを連続で毎日使うとどうなる?

フィーノヘアマスクを連続で毎日使うと、髪質が悪くなる可能性があります。

使いすぎると、頭皮の過剰な皮脂による髪のベタつきがおきたり、

コーティング剤のシリコンにより、髪質が固くなるかもしれません。

 

フィーノヘアマスクを使わない日はどうしたら良い?

フィーノヘアマスクを使わない日は通常のヘアケアをしましょう。

美容成分が充分配合されているので、使わない日も特別なケアをする必要はありません。

 

フィーノプレミアムタッチ浸透美容液ヘアマスクの使用方法まとめ

フィーノプレミアムタッチ浸透美容液ヘアマスクの使用方法は

  • シャンプー後にしっかり髪に馴染ませてすぐに洗い流すだけ
  • ヘアマスク後のトリートメントやリンスは不要
  • 男性はすすぎをしっかりすることが重要
  • 使用頻度は基本的に週1~2回
  • 毎日使うことは避けた方が良い

ということがわかりました。

興味がある方は是非購入してみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました