子供が自分でドライヤーするのは何歳から?お助けアイテムで練習開始

子供は何歳から自分でドライヤー 子育て
スポンサーリンク

髪を子供が自分でドライヤーするのは何歳から?お助けアイテムで練習開始について詳しくお伝えします。

自我が芽生えてくると、子供はなんでも自分でやりたがりますよね。

 

自分で髪の毛を乾かしたい、と言うものの

「ケガの心配もあるし不安」

「髪の毛全体に風を当てられない」

など子供に任せてもいいのか、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

なるべくなら、子供が興味を持ったことに挑戦させてあげたいですよね。

 

そこで子供が自分でドライヤーができるのは何歳からなのか、お助けアイテムと一緒にお伝えします。

ぜひ参考にしてくださいね!

 

子供が自分で髪を乾かすのは何歳から?

個人差はありますが子供が自分で髪を乾かすようになるのは、5~8歳ぐらいと言われています。

このぐらいの年齢であれば、ケガの危険や親の言うことをしっかり理解できている子もいます。

だんだん力もついてきているので、ドライヤーを1人で支えられる子もいますよね。

 

毎日のお風呂上りは、ママにとって忙しい時間でもあります。

自分でやりたがるけど、力がなくてドライヤーを持っていられない
髪が長いので乾くまでに時間がかかる
同じところに風を当てるので、やけどしそうで心配

このように興味はあるけど、自分だけではドライヤーを使えないという子供がたくさんいます。

 

主婦である私も、子供が小さい頃は次女の世話をしながら長女の髪を乾かしていたのでとても大変でした。

何度自分でやってくれたら楽なのに…と思ったことか。

しかも髪が長いので、乾かすのを面倒に感じる時もありました。

 

私のように子供の髪を乾かす時間を、面倒に感じている方も多いでしょう。

できれば子供が自分でドライヤーをしてくれると、助かりますよね。

 

そうすればお風呂上りにバタバタすることもなくなり、ママも少しはゆっくりできるようになるかもしれません。

 

知っておきたい子供のドライヤー事故

子供ドライヤー事故

過去には以下のような子供のドライヤー事故がありました。

・内部のファンに髪の毛が巻き込まれた

・コードから火花が出てやけど負った

・使用中に髪の毛が焦げた

以前私もドライヤーの使用中に焦げ臭いなと思ったら、内部でほこりに火が付いていて慌てた経験があります。

このような子供がケガをしてしまう事故もあるので、やはり子供だけでドライヤーをするのはちょっと心配です。

 

子供がドライヤーを練習する時に気を付けたいこと

子供ドライヤー練習

子供がドライヤーを練習する際には、以下の3つの事に気を付けましょう。

  • しっかりタオルドライをする
  • 髪の毛全体を乾かす
  • 危険を理解させる

 

これを意識するだけで、子供でも練習すればドライヤーを使えるようになりそうです。

ただし、子供が慣れるまでは見守りが必要ですね。

 

髪を乾かす時間を、子供とのスキンシップとして楽しむこともできます。

かと言って、いつまで髪を乾かしてあげればいいのか…

 

子供が安全に自分でドライヤーができるなら、嬉しいですね。

子どものドライヤー練習におすすめのアイテム

子供ドライヤー練習アイテム

子供のドライヤー練習におすすめのアイテムを3つ紹介します。

  • ドライヤークリップ
  • ブラシ
  • シャンプー

それぞれの効果や、おすすめのポイントをお伝えしていきます。

ドライヤークリップ

ドライヤークリップとは、ドライヤーをクリップではさみ、テーブルなどに固定することができるアイテムです。

ドライヤーを固定することで、両手が自由に使うことができるのが魅力で大変便利です

また本体の場所や頭の位置を変えて、髪の毛全体に風を当てることができます

 

これがあれば、子供でも安心してドライヤーを使うことができますよね。

ドライヤーで自分で髪の毛を乾かしたいけど持つ力がない子や、髪の毛全体に風を当てるのが難しい子も簡単に使うことができます。

 

ただ洗面所に固定できる場所がなくて困る、という声もあります。

購入の際には、固定する場所を考えましょう。

ブラシ

ブラシで髪の毛を梳かしながらドライヤーをすると、通気性が良くなり髪の毛を早く乾かすことができます。

時短にもなりますし、指どおりが良くサラサラの仕上がりになります。

髪が細くて絡まりやすいお子さんの場合は、濡れた髪専用のブラシがおすすめですよ^^

 

シャンプー

エアグランのシャンプー&トリートメント

主婦の私が個人的に一番おすすめなのが、速乾シャンプーのエアグランです!

なんとこのシャンプー、コーティング作用のおかげで使ったその日からドライヤーの時間が半分になるんです^^

 

元々髪のうねりやダメージをケアしたくて自分用に購入したのですが、ドライヤーが格段に楽になるので子供たちにとっても必需品になりました。

もちろん、大人の傷んだ髪もサラツヤになりますよ♪

 

これがあればお子さんの負担をかなり減らしてあげられるので、ドライヤーデビューのお助け役にとってもおすすめです!

今ならおトクなキャンペーンも実施中なので、ぜひお試しください^^

エアグラン 

\シャンプー変えるだけでサラツヤ時短!/
ご満足いただけない場合はすぐに解約できます。

 

子供が自分でドライヤーするのは何歳からかまとめ

子供が自分でドライヤーするのは何歳からなのか、をまとめると以下の通りです。

  • 個人差はあるが5~8歳ぐらい
  • 子供のドライヤー事故3例
  • 練習の際に気を付けること3つ紹介
  • 練習におすすめのアイテム3つ紹介

 

このように様々な方法で、子供が自分で髪の毛を乾かすことができるように手助けができます。

子供の成長に合わせて見守りながら、ドライヤーの練習を始めてみてはいかがでしょうか。

 

みなさんが子供の成長を感じながら、お風呂上りタイムを楽しめますように!

 

エアグラン 

\シャンプー変えるだけでサラツヤ時短!/
ご満足いただけない場合はすぐに解約できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました