17skin薬用リンクルオールインワンの成分表解析!安全性を徹底調査

17skinはイチナナスキンと読む、

機能性の高さが人気のスキンケアブランドです。

 

17skin薬用リンクルオールインワン(※以下「17skinオールインワン」と記載)は話題の商品なので、

その働きや、製品が安全かどうか、知りたいですよね。

 

そこで、17skinオールインワンジェルの成分表解析を行い、

成分の働き安全性について調べました!

是非、成分表解析の結果を参考にしてください!

 

17skin薬用リンクルオールインワンジェルに含まれている成分とは

17skin 化粧品

17skin薬用リンクルオールインワンに含まれる美容成分

  • ナイアシンアミド
  • コラーゲントリペプチドF
  • 加水分解ヒアルロン酸
  • カモミラエキス
  • メリッサエキス
  • メマツヨイグサ抽出液
  • イノシット

 

となっています。

これらの成分はどんな働きが期待できるのかを詳しく紹介していきます。

 

17skinオールインワンの成分表解析

17skin 成分解析表

17skinオールインワンは

パラベン、合成香料、合成着色料無添加の製品です。

お肌が荒れやすい方でも安心して使用できます。

では、美容成分はどんな働きをしてくれるのでしょうか?

 

有効成分ナイアシンアミド

ナイアシンアミドは厚生労働省が認可している薬用有効成分です。

ナイアシンアミドの働きは3つ挙げられます。

 

  • コラーゲン生成を促す働き
    肌の奥まで届いて、コラーゲンの生成を促進します。

 

  • メラニン生成を抑制する働き
    メラニンを作る指令を阻害することで、メラニンの生成を抑えます。

 

  • 肌のうるおいバリアを作る働き
    肌表面にバリアを張ることで、お肌を健やかに保ちます。

 

ナイアシンアミドは、花王ソフィーナやカネボウ、オルビスなど

多くのブランドのリンクル美容液にも配合されています。

 

コラーゲントリペプチドF

コラーゲントリペプチドFは魚由来のコラーゲンで、

元々、人の肌に存在しているたんぱく質の一種です。

肌の奥まで浸透して、潤いを保つ働きがあります。

肌の表面だけでなく、奥までケアすることで、

肌環境を改善することが期待できます。

 

加水分解ヒアルロン酸

加水分解ヒアルロン酸は、浸透力が高いヒアルロン酸です。

肌表面のうるおいだけでなく、

肌の奥から保湿する働きがあります。

 

その他の美容成分等

その他の美容成分としては、

  • カモミラエキス
    抗炎症作用と保湿作用があります。
  • メリッサエキス
    メラニンの生成を抑制し、メラニンの取り込みを阻害します。
  • メマツヨイグサ抽出液
    メラニンの生成を抑制します。
  • イノシット
    皮脂分泌の調整作用と保湿作用があります。

などが配合されています。

 

17スキン薬用リンクルオールインワンの成分表分析まとめ

調査した結果、17skin薬用リンクルオールインワンは

  • ナイアシンアミド
  • コラーゲントリペプチドF
  • 加水分解ヒアルロン酸

と、その他美容成分の働きが大変魅力的な商品であることがわかりました。

 

また、医師監修のもとにつくられているので、お肌の弱い方でも安心して使用できそうです。

ご紹介した美容成分に魅力を感じた方は、是非、購入してください!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました